FC2ブログ

03月 « 2020年04月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 05月

「長距離打剣」という領域

2008年 11月30日 01:02 (日)

 昨日の稽古では、9ミリの長剣を使った7間の直打を入念に行った。

 7間=12.6mである。

 これまで、私の直打による最大刺中距離は6間だった。また今年は、稽古において運用型Ⅰの精錬やら刀法併用手裏剣術の習熟やら、また従来苦手であった超軽量~軽量剣による3間直打に専念していたため、昨年ほど直打の距離を伸ばす稽古を行っていなかった。

 そんなおり、師走も目前になり、つらつらと旧ブログなどを眺めていると、昨年末に書いた「来年の課題」に、”7間直打”という一項を見つけ、「う~む」とうなった次第である。

 そんなこんなで、7間直打の稽古に入ったわけだが・・・・。

 遠い。

 6間と比べて6尺(1.8m)しか変わらないはずなのだが、えらく的までが遠い・・・。

 まずは試しに、上段構えから打ってみると。

 的にとどかん!

 まったく、まいったもんだ。まあ現状では6間距離でも、刺中させるためには上段構えではなく無冥流の基本構えでないとできないだけに、これは当然であろう。

 気をとりなおして、再度打剣。

 ・・・。

 直打で剣が飛んでいかない。いやはや、7間手ごわし!

 あまりに直打で的に届かないので、戯れに回転打で打つと、これはまあ、簡単に飛跡はまっすぐ飛んで的に当たるし、まぐれ当たりレベルだがそれなりに刺さるのである。しかし、そもそも7間以上などという距離は、武術的な運用として意味のある距離ではなく、限りなく「直打という原理へのトライ!」という間合なので、安易に回転打で打ってもしかたがない(もちろん、習熟しておいて損はないことは、言うまでもないが)。

 1時間ほど、ああでもない、こうでもないと打っていると、最終的には、なんとか10打に2打くらいは直打で刺中がみられるようになってきた。

 しかし、もうこの距離では上段構えはおろか、姿勢・体勢を安定させて打つとそもそも的に届かないわけだ。そこで傍目には非常に体勢が崩れた姿勢、具体的には砲丸投げのフォームの投げ終わりような、片足立ちの姿勢といったら分かりやすいだろうか? それくらい意図的に体勢を崩し、重心や体重を統一して掌にのせて剣を放たないと、剣が直立して的に向かって飛んでいかないのである。

 こうした意味で、7間以上の長距離というのは、3~6間の中距離、あるいは3間以内の近距離と比べても、まったく異なった身体の運用が必要になってくる。

 そしてこれは私見だけれど、そこ(長距離)では、「うねって」「ねじる」ような種類の力を、合理的に統一させるのが、効果的な方法ではないかと思われる。また、姿勢の「崩れ」や軸の「(表面的な)乱れ」、「不安定」といった要素を、統一的に運用することが重要であろう。

 いずれにしても、せめて6割以上は刺さらないと、控えめにも「とりあえず、通した」といえるようなものではないで、今しばらく、7間直打の稽古が必要である。

 それにつけても、10間直打など、いや「神」の領域ですな、実感として・・・。
 
関連記事
スポンサーサイト