FC2ブログ

02月 « 2020年03月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 04月

円明流(竹村流)短刀型手裏剣を打ってみた/(手裏剣術)

2011年 12月24日 22:56 (土)

201112241559000.jpg


201112241600000.jpg


 本日は稽古納めだったので、最後に、先日完成したばかりの、円明流(竹村流)短刀型手裏剣を打ってみた。

 距離はとりあえず二間。

 順体の上段構えから、直打で打つ。

 重たく短刀型に刃があるので、的への飲み込みがたいへん良い。

 二間での刺中の調子から、おそらく三間直打でも十分に刺中できるだろうと、強く確信できた。

 が、もったいないので(笑)、二間で数回打つだけでやめておいた。


 たとえば日本刀の場合、武用の刀と観賞用の刀は別であり、それらを混同して稽古に用いるような者は、芸の「道理」をわきまえない未熟者である。

 こんな「道理」もわきまえないような者に、武術の「位」や「先」、「間合」や「拍子」という高度な道理が分かるはずがない。

 そして、武術の道理をわきまえていない者は、たとえ試合が強かろうが、試物が斬れようが、手裏剣が刺さろうが、未熟者なのである。

 オリンピックで2回も金メダルをとるほど強くなっても、破廉恥な罪で、あたら人生を棒に振るようでは、しょせんは筋肉バカ、まちがっても武道家ではないと断言しよう。


 この剣は観賞用として制作していただいたわけではなく、研磨や焼入れなど、あくまでも武用のための手裏剣として作っていただいた。

 けれどもやはり、当庵の翠月剣のようにガンガンと打つような手裏剣ではない。

 手裏剣術創成期の遺風を感じながら、己の術を振り返るための武具として、大切にしていこうと思う。

 (了)
関連記事
スポンサーサイト