FC2ブログ

03月 « 2020年04月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 05月

「学問せぬ武芸者は匹夫の勇にして、三味線弾き候 芸者も同様」(/(武術・武道)

2010年 09月21日 23:04 (火)

A兄

 貴信拝読。

 さて、「武術・武道の言語化」については、いささか貴兄とは、意見が異なるかもしれませんが、私の従来からの持論ですので改めて記します。


 私自身は、以前から可能な限り武術の言語化に努め、その意義を非常に重く見ております。

 また、「武術・武道の言語化」への取り組みは、翠月庵の特長でもあります。

 その理由は、

 感覚や体験、理合といった身体的感覚をあえて言語化しようという行為により、単に肉体の感覚だけでは超えられない、武術的世界観に対する形而上・下の総合的な把握ができる

 というのが私の持論だからです。

 古今東西、多くの武術関係の解説や教え、体験談や感覚表現が、実際のところ分かりにくく説明としてレベルが低いのは、主として当事者の言語能力や表現能力の稚拙さにあるといえるでしょう。


 もちろん本質的に武術・武道という行為は、

 百聞は一見にしかず、一見は一触にしかず

 というものです。

 当然ながら、身体の感覚や、心理領域も含めた人と人との闘争のすべてを、完全に言語化することなど、できるわけがありません。

 それでも「可能な限りそれを言語化することで、後進により良い武芸の本質を伝えたい」と、古来、多くの武人が願い、それに取り組んできました。

 ですから現代の武術・武道人が「武術・武道(の理合)は言葉にできない」と言いたがるのは、単に己の言語能力・表現力・指導力の未熟さを、「一見にしかず」という故事によりかかって、手抜きをしているに過ぎません。

 ゆえに多少業が使えるというだけで、弟子を武人としてまともに育てることすらできない指導者も少なくないのです。

 こうした武術の言語化に対する誤った見方は、『兵法家伝書』を記した柳生宗矩、『五輪書』を記した宮本武蔵、『剣説』や『剣微』を記した平山子龍、『兵法未知志留辺(みちしるべ)』を記した白井亨などなど、武術の言語化に心を砕いた数多くの先人の業績を否定する、由々しき風潮だと感じています。


「学問せぬ武芸者は匹夫の勇にして、三味線弾き候 芸者も同様」(平山子龍)


 もちろんA兄は、そういう方ではありませんが、

 私は安易に「武術は言葉にできない」などといいたがるような武術・武道人は、「未熟だな」としか思えません。

 そして、このような未熟者が指導者となると、得てして弟子の才能と可能性を潰してしまうものなのです。

 後進の未来の可能性を奪う事ほど、技芸を伝承する者として罪なことはないでしょう…。



 ささか長文になりましたが、ご不快になることがありましたら、どうかご容赦ください。



 かくすればかくなるものと知りながら
 やむにやまれぬ大和魂 (吉田松陰)

 翠雨 頓首
関連記事
スポンサーサイト