FC2ブログ

03月 « 2020年04月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 05月

手裏剣術の補助鍛錬としての素振り/(手裏剣術)

2010年 07月22日 18:00 (木)

 当庵では、手裏剣術の補助的な鍛錬として、木太刀での素振り(初学/基礎剣術)を奨励している。

 本ブログを以前からお読みいただいているみなさんには、いまさら説明するまでもないが、「剣術の斬りの動きと手裏剣術の打剣の動きは、原則的には別モノである」ということは、これまで再三、解説してきたとおりである。

 ではなぜ、手裏剣術の補助鍛錬として素振りを奨励するのか?

 全身の動き(力)を統一し、それを意図して武具に集約する感覚を学ぶためである。

 手裏剣の威力は、速度と重量である。運動エネルギーは、(質量)×(速度の2乗)÷2なので、手裏剣本体の重量が同じであれば、速度が速いほど威力は高まる。

 そこでより打剣の速度を上げるために、全身の動きを統一して打剣することが大切になる。

 打剣のための全身の力の効果的な統一法については、当然ながら打剣を通して学ぶのが基本なわけだが、毎日、いつでもどこでも打剣の稽古ができるわけではない。

 私自身、自宅マンションの庭(2間の距離がとれる)や屋内での稽古法をいろいろ工夫してきたが、結局は諸般の事情を総合的に判断して、現在は翠月庵の稽古場以外では、打剣は行っていない。

 「諸般の事情」を簡潔に記せば、庭にせよ室内にせよ、現在の自宅の環境では、隣室や周辺マンション等の人々に迷惑がかかるであろうことが予想され、それを避けたいからである。

 余談だが、公共の施設である公園や体育館の個人使用などで、意図してかしないでかは定かでないが、周囲を威圧するような立ち居振る舞いで武術・武道(モドキ)をしている人やグループを時折目にする。

 こうした輩は、周囲からの見た目、他者が抱くであろう感情、自分たちの発する音(掛け声や武具の音、バカ騒ぎの声)などが、人様から見てどうか? どのように感じられるか? 自分らが、はた迷惑で反社会的な存在ではないのか? よく考えるべきであろう。


 閑話休題。


 さて、こうした環境でも、木太刀の素振りは、大きな音をたてず、見た目の威圧感も少ない。

 小太刀を使えば、マンションの屋内でも可能だ。


 晴眼に構え、一歩進みながら、一歩後退しながら、真っ向正面斬りを行う(座技なら膝行で行う)。

 これにより、腕の振り~体幹の推進力~腰の力~下腿による前進という、からだの各部の動き・力を統一して剣の振り下ろし動作に集約するという感覚を理解してもらうのが、手裏剣術の補助鍛錬としての素振りの目的である。

 剣術・剣道や居合・抜刀術者からすれば、「なにをいまさら」と思われるだろうが、これまで何人かに手裏剣術を指南してきて実感するのは、体術しか経験のない人の場合、打剣(投擲)という動きがあまりにも自身がこれまで行ってきた武術・武道の動きと異なるため、非常にぎこちなく、統一した力を剣の投擲に集約しにくいようだ。

 古来、「柔(体術)は諸武芸の母」とはいうものの、単一武芸流儀の鍛錬が主流となって久しい現在、徒手の武術・武道しか経験のない人に、いきなり長さ20~30センチ、重さ90~150グラムのとがった鉄の棒を的に向かって「打って、刺せ」といっても、せいぜいキャッチボールのピッチングもどきになってしまうのが関の山なのである。

 その点、剣術・剣道や居合・抜刀術者は、「武具に、身体の動き(力)を集約させる」ことに慣れているので、比較的容易に、統一した力を打剣動作に集約させることが上手い。

 こうした点から、補助鍛錬としての素振りを、特に剣術・剣道や居合・抜刀術の経験のない人に推奨しているのである。


 「投擲という動作に全身の力を統一する補助鍛錬には、キャッチボールの方が良いのではないか?」との疑問もあるかもしれないが・・・。

1 私自身が、キャッチボールがまったくできない(たいへん、下手くそである)こと
2 私が、野球をはじめとした球技に、まったく関心がないこと
3 キャッチボールでは”武術的な正中線や軸の意識”、”位の感覚”がもちにくい(だろう)こと

 などの点から、当庵では、検討・採用する予定はない。

 
 これについては、野球やソフトボールが得意な手裏剣術者がいれば、その人に研究・考察はおまかせしたいと思う。

 ま、餅は餅屋であり、好きこそものの上手なれであり、坊主にくけりゃ袈裟までにくい、ということである。ようするに、私は球技が苦手で、かつ関心がないということなのだ(笑)。

 (了)
関連記事
スポンサーサイト