FC2ブログ

03月 « 2020年04月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 05月

祥月命日の夜に/(柳剛流)

2019年 10月26日 01:00 (土)

 流祖の祥月命日の晩は、仙台藩角田伝柳剛流のすべての形と口伝をおさらいするのが、毎年の恒例だ。

 今晩も、切紙の「右剣」から免許秘伝の長刀(なぎなた)まですべての形を行い、小刀伝から法活まですべての口伝を確認。

 さらに、これは実伝ではなく伝書からの考証・復元だが、殺法の部位の確認と打ち込みも行った。



■仙台藩角田伝 柳剛流兵法
切紙
剣術
備之伝/上段、中段、下段、向青眼、平青眼、斜青眼、中道、右陰、左陰、下陰、八艸、頓保、丸橋、右車、左車
形/右剣、左剣
居合
向一文字、右行、左行、後詰、切上
突杖
ハジキ、ハズシ、右留、左留、抜留

目録
剣術
備十五ヶ條フセギ秘伝
形/飛龍剣、青眼右足刀、青眼左足刀、無心剣、中合剣(刀)、相合剣(刀)
小刀伝
二刀伝
鎗・長刀入伝

免許
長刀秘伝
組打
一人ノ合敵
法活

柳剛流殺活術(伝書からの考証・復元)
殺法(天道、面山、虎一点、二星、剛耳、玉連、雁下、骨当、水月、心中、明星、村雨、松風、右脇、稲妻、玉水、高風市、虎走/仙台藩角田伝)
五ヶ所大当(天見、人中、秘中、水月、気海/武州岡安英斎伝)

 以上




 流祖の逝去から193年。

 これからも、「一〇心(いちまるこころ)」の極意秘伝を胸に、柳剛流の業と心を磨き、それを次代へ伝えることを胸に誓った次第。

1910_柳剛流_起請文

 (了)
関連記事
スポンサーサイト