FC2ブログ

02月 « 2020年03月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 04月

坂城紀行/(旅)

2019年 10月19日 12:20 (土)

 取材のため、長野県の坂城町を訪ねた。

 台風19号の通過後で、新幹線は大幅に減便だったのだが、幸い当地は大きな被害は受けなったようだ。

 駅で編集者氏と合流し、「鉄の展示館」にて、無鑑査で全日本刀匠会会長の宮入小左衛門行平刀匠に、1時間ほどお話を伺う。

 某雑誌に掲載する原稿執筆のためのインタビューなのだが、今回のテーマに関するお話の興味深さ以上に、宮入刀匠の気負いのない自然体の語り口や柔和なお人柄が、とても印象的であった。

 厳しい鍛錬の末に一芸を極めた人というのは、こういう「柔らかさ」や「優しさ」に至るのだなあと、しみじみ思う。

1910_鉄の展示館
▲「鉄の展示館」所蔵の横山加賀介藤原祐永の脇差。故・高倉健氏旧蔵の一口



 インタビュー後、編集者氏と別れ、私はひとりで坂城の里を散策する。

 名物のおしぼりうどんを食べ(辛いが旨い!)、「坂木宿ふるさと歴史館」をゆっくりと見学した後、坂城神社を参拝。

 拝殿の軒下には、北辰一刀流の奉納額があった。

1910_坂城神社奉納学
▲明治33年の奉納と記されている



 秋らしい爽やかな風を感じつつ坂城の里を1時間ほど歩き、散策のしめに戦国武将・村上義清の供養塔を参詣した。

 村上義清は、あの武田信玄を合戦で2度も破り、後年は上杉家の客将として川中島合戦に4度参戦。

 72歳でこの世を去るまで、徹底的に信玄と戦い続ける。

 この北信の闘将は、私が最も好きな戦国武将なのだ。

 このため彼のふるさとである坂城は、ずいぶん前から一度は訪ねてみたいと思っていたのである。

 それが念願かない、こうして半日、ゆっくりと散策することができた。

1910_村上義清墓所
▲江戸時代初期に建立された、村上義清供養塔



 帰路、新幹線の本数が少ないので、上田駅前の居酒屋で馬刺しを肴に、全宇宙で3番目に旨い日本酒である真澄を飲みながら時間調整。

 なかなか肉厚で旨い馬刺しなのだが、

「やっぱり富士吉田の『新田川』の馬刺しの方が、500万倍くらい旨いなあ・・・」

 と、しみじみ実感しつつ家路についた。

 よい旅であった。

1910_上田
▲午後3時から呑める店があることは、私のようなだらしのない酔っ払いには本当に重要なことである


 (了)
関連記事
スポンサーサイト