FC2ブログ

02月 « 2020年03月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 04月

『らくちん道への道』の鈴木崩残氏に関する記事について/(手裏剣術)

2019年 10月02日 00:40 (水)

 『らくちん道への道』というブログを読んでいたところ、無冥流投剣術の故・鈴木崩残氏の著作に関する書評が記されていた。

「廃墟のブッダたち―銀河の果ての原始経典 (EOシリーズ)まんだらけ出版部; 2019年改訂版」
https://krakuchin.exblog.jp/239310374/


 この記事の文末に、

「余談で、関西の知人から彼の手裏剣術の師匠のところに著者が習いに来ていた話を聞いたことがある」

 との一文があるのだが、これは事実誤認、あるいは質(たち)の悪いデマである。


 私は、2006年から2015年までの9年間、崩残氏と共に手裏剣術の共同研究と稽古・実践を行ってきた。

 その上で私の知りうる限り、手裏剣術に関して崩残氏が、既存の手裏剣術の流派や会派へ、

「習いに来ていた」(習いに行っていた)

 ということは、私が同氏と出会う以前も以後も、一度も無い。


 手裏剣術の研究のために、崩残氏は古流から現代流派まで、ほぼすべての現存する手裏剣流派や会派に何らかのコンタクトを取り、技術交流や意見交換、共同研究などをしていたのは事実だ。

(こうした手裏剣術への人並外れた熱意ゆえに、彼は意見の相違から他流や他会派とトラブルとなる事が少なくなかった。そして私とも、義絶することになる・・・)

 しかし彼が、特定の手裏剣流儀や会派に入門・入会し、その流儀なり会派の技術を、

「習いに来ていた」

 ということは、皆無である。

 上記の記事の文言では、「関西の知人云々・・・」とあるので、この証言は関西に支部あるいは道場がある手裏剣術の流儀・会派関係者からのものと推測できる。

 たしかに関西に支部のある現代手裏剣術の流派や特定の道場と、崩残氏が一時期接触し、技術交流や意見交換をしていたことは間違いない。

 しかしそれを、

「習いに来ていた」

 とするのは、事実認識として、また言葉としても正確ではない。

 崩残氏としては、これらの流儀・会派との接触は、あくまでも技術交流や意見交換のためのものであったのだと、私は本人から直接聞いている。


 意図してか、そうでないのかは定かでないが、こうしたミスリードは、故人の業績をゆがめることになろう。

 その結果、誤った事実認識が後世に伝わり、ひいてはそれが何らかの権威付けに使われるようなことがあるとすれば、そういう「背乗り」のような行為を最も嫌ったのが鈴木崩残という人物であることを知る旧友として、看過することはできない。

 ゆえに、故人の名誉のためにはっきりと、そのような事実は無かったことを、ここに明言しておく次第である。


 旧手裏剣術伝習所 翠月庵
 庵主・市村翠雨こと
 武術伝習所 翠月庵
 庵主・瀬沼健司 謹識

翠月庵
▲鈴木崩残筆・「翠月庵」の書

 (了)
関連記事
スポンサーサイト