FC2ブログ

03月 « 2020年04月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 05月

柴真揚流の蹴当てと三日月蹴り/(古流柔術)

2019年 07月23日 01:00 (火)

 空手道の蹴り技に「三日月蹴り」というのがある。

 これについて伝統派空手道では、

「三日月蹴りは、回し蹴りに似ているが、異なる点は膝関節の伸展ではなく、立っていた位置から目標に向かってスムーズな半円つまり三日月型となるように足をふり上げる」(『図解コーチ 空手道』(道原伸司著/成美堂出版/1997)

 のに対し、フルコンタクト空手では、

「前蹴りと回し蹴りの中間の軌道となる。 (中略)。左足を上げ、相手の右脇腹にある肝臓に親指の付け根の中足を当てる。右足で蹴って脾臓などを狙う場合もあるが、基本的に相手の肝臓を狙う技であるため、左足で蹴ることが多い。」(ウィキペディアより)

 とされており、名前は同じだが実際には、それぞれ異なる業である・・・、というのは、5年ほど前に本ブログに書いた。

「三日月蹴り、いろいろ」(2014.5.15)
https://saitamagyoda.blog.fc2.com/blog-entry-572.html



 明日は午前中から特定健診の受診があるので、健診の開始10時間前からは飲食ができないことから、仕事は山積みなのだが、少し早いけれど本日は23時過ぎで業務を終了。

 軽めに稽古をしてから寝ようと思い、柴真揚流の立合投捨の形を1本目の「馬手捕」から15本目の「三人捕」までざっとおさらいする。

 稽古のシメに、当身台への打ち込み稽古していると、はたと思うところあり。

 柴真揚流には、立合投捨にも居捕の形にも、釣鐘の殺への蹴当てがいくつかあるのだが、そのうちのある形における蹴当てが、まさに伝統派空手でいうところに三日月蹴りと同じ要領なのではあるまいか・・・?

 そこで、形の想定する位置から、当身台に対して三日月蹴りの要領で蹴足を入れると、それまで思うように威力が乗らなかったその形の想定での蹴当てが、しっかりと威力のある当身として蹴り込めるようになった。

 なるほど! 三日月蹴りとは、こういう状況で使うものなのだなあと、改めて蒙を開かれ、目からウロコがポロポロと5~6枚落ちた次第である。

 柴真揚流の当身は、深い。


140516_154624.jpg
▲伝統派空手道における三日月蹴り(『図解コーチ 空手道』より)



「三ケ月蹴りとは、特に、横側に居る敵手を蹴り上げる蹴り方を言うのである。例えば、左側に居る敵手を我が右足で蹴り上げる場合に、丁度足先の通る線は三ヶ月型に弧線を描いていくからこの蹴り方を三ヶ月蹴りと言うのである」(糸満盛信著『唐手術の研究』より)


 (了)
関連記事
スポンサーサイト