FC2ブログ

03月 « 2020年04月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 05月

柴真揚流の蹴込み/(古流柔術)

2019年 06月15日 03:53 (土)

 本日締め切りの、とある社会福祉法人に関するルポルタージュ記事、4,500文字を脱稿。

 心身ともにヘトヘトだが、それでもいそいそと稽古着に着替え、今晩も稽古。

 柳剛流の備之伝と備十五ヶ条フセギ秘伝から始め、剣術をひと通りおさらい。

 次いで、柴真揚流。

 「左巴」から「二人捕」まで居捕17本、そして立合は「馬手捕」から「両手捕」までを繰り返す。

190607_011510.jpg
▲柴真揚流の稽古に欠かせない道具のひとつである茶碗。何に使うのかは、実伝で学ぶべし



 その後はひとしきり、形の動作に則って当身台に拳足を打ち込む。

 柴真揚流では、蹴込みを多用する。

 その際、特に蹴足に習熟していない初学者は、中足(足の指の付け根部分)をしっかりと返し、上足底を正しく相手に当てることを学ばねばならない。

 これは柔術(やわら)に限ったことではなく、空手道の稽古でもそうだが、初学者はもとよりそこそこ稽古に習熟してきた中級者でも、中足を返した状態でしっかりと上足底を当てられない者がいる。

 中足をしっかり返せずに、中途半端な踵蹴り、あるいは崩れたつま先蹴りのようになってしまう者が少なくないのである。

 靴を履かない状態が前提である、日本の伝統武道における蹴当てでは、中足を返した正しい当て方を習得しなければならない。

 そのために特に初学の者は、形を行ずるだけではなく当身台などに対し、上足底で的の「身の内1~2寸」を目当てに、しっかりと中足を返して当てることを学ぶ必要がある。

190615_022215.jpg
▲柴真揚流で多用される、下段への蹴込み。指をしっかりと反らして上足底部分を確実に、相手の「身の内1~2寸」を目あてに当てることが重要だ



 また、当身台などに実際に当てることに習熟したら、形稽古においても「受」に対して、実際に拳足を当てながら形を打つべきであろう。

 もちろん、当て放しの当身にせよ、電撃的な引き重視の当てにせよ、全力で当身を入れながら稽古をしていたら、当てられる側である「受」の体が持たないことはいうまでもない。

 そのたびに悶絶してしまう。

 そこで私の場合、柔術の指導で「受」を執る際には、当てる部位や当身の種類にもよるが、必要に応じて1~3割くらいの力の感覚で当てるように「捕」に促し、実際に「人体へ当てる感覚」を覚えてもらうよう心がけている。

 おかげで時折、弟子の当身が効きすぎて、自分が本当に悶絶してしまうという、なんともこっぱずかしいこともあるわけだが・・・・(苦笑)。

 ま、それもまた己の鍛錬であり、「やわらの当身は、よく効くなあ・・・」と、しみじみ実感するのである。



 なお蛇足ながら、眼球をはじめとした顔面部や金的など危険な部位への当身は、形稽古では必ず寸止めにするのは言うまでもない。

 これらの部位に対する当て具合は、当身台等への加撃で習熟するべきである。

 また、まだ体のできてない初学者や下位者に対して、指導者や上位者の側が実際に当身を当てるなどというのは言語道断である。

 弟子や下位者に正しい鍛錬の段階を踏まさせず、稽古や指導の名のもとに不条理な苦痛を強制するのは、武芸の稽古や指導ではなく、サディスティックな「暴力」にすぎない。

 当身の鍛錬や指導に限らず、武術・武道を教える立場にある者は、常にこうした点に留意するべきであろう。

 (了)
関連記事
スポンサーサイト