FC2ブログ

02月 « 2020年03月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 04月

警視流居合を抜く/(武術・武道)

2019年 06月12日 08:40 (水)

 昨夜の稽古では、先の本部稽古で師より手ほどきをいただいた、国際水月塾武術協会伝の警視流居合を抜く。

 警視流については、ある時期、わりあい根を詰めて稽古したことがあるので、なんとはなしに懐かしい。

 基本的には、

「警視流は、洋装帯剣の警察官に対する統一的訓練の必要から、警視庁が明治19年に『立居合』及び『木太刀』の形を制定したことをもって嚆矢とする」(「警視流立居合に関する研究」中井憲治/仙台大学紀要Vol44.No.1:43-58.2012)

 というものだけに、立居合にて前後左右の敵に対する抜付と二之太刀以降の正面斬りという、たいへんにシンプルな構成だ。

 このため、何らかの流派の居合や剣術に習熟した者であれば、速習的に容易に習得することができる。

 一方で、 ご存じの通り警視流の立居合は、浅山一伝流、神道無念流、田宮流、鏡心明智流、立身流から1本ずつ形を採用しているため、全体を包括する統一感や体系だった術理といったものは、あまり感じられない。

 ただし納刀動作などを見ると、全体的に神道無念流立居合の影響が強い内容となっている。

 いずれにしても警視流居合は、その後の日本における軍刀術、そして戦後に編纂された全日本居合道刀法や全日本剣道連盟居合までに連なる、近・現代日本における刀法変遷の一端を今に伝える、貴重な“レガシー”のひとつといえるだろう。



 水月塾伝の警視流居合は、現在、警視庁居合同好会およびその系統である広島県などで稽古されている警視流立居合と比べると、

・抜付
・二之太刀以降の正面斬り
・礼法          

 などについて、若干だが異なる点があるのも興味深い。

 これらの相違点については、その伝系をたどって調べてみるのも面白いかと思う。

 また今後、翠月庵での教習において刀法の初学者に対しては、まず警視流から指導していくというやり方もよいかなとも考えている。


190612_111453.jpg


 (了)
関連記事
スポンサーサイト