FC2ブログ

03月 « 2020年04月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 05月

跳斬之妙術/(柳剛流)

2019年 03月15日 00:01 (金)

 単行本の執筆が、なかなかはかどらず。

 手慰みに易に問えば、答えは「習坎」・・・(涙)。

 なるほど、とにかく死に物狂いでやるしかないということか。

 周易の略筮は、いつでも一刀両断だ。

  *  *  *  *  *

 本当は深夜まで、原稿を書きすすめなければならないのだけれど、どうにも気が乗らないので、本日は少し早めに業務終了。

 屋外で存分に、柳剛流の長木刀を振るう。

 ひとしきり素振りをし、呼吸を整えながら備之伝、そして備十五ヶ条フセギ秘伝を錬る。

 その後は、剣術、突杖、そして長刀の形を打つ。

 形を遣いながら、跳び違いについて少し思うところがあり、部屋に戻って居合を確認。

 少し胴造りが乱れていたので修正する。

  *  *  *  *  *

 昨年の秋、松代での演武で居合を行って以来、柳剛流の稽古では居合の比重が少し軽くなっていたのだけれど、居合をしっかり錬っておかないと、剣術での跳び斬りがどうも甘くなってしまう。

 やはり柳剛流において、鍛練の基礎となるのは居合であるなと、改めて実感した次第。

 かつて、不世出の女武芸者・園部ひでを刀自が、柳剛流を讃えて評した「跳斬之妙術」への道は、遥か遠い。


1810_柳剛流居合_演武1
▲折敷いた姿勢で跳び違いながら、2尺8寸の刀を振るう。この鍛練が、柳剛流の真面目たる跳び斬りのための地力を育む


 (了)
 
関連記事
スポンサーサイト