FC2ブログ

03月 « 2019年04月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 05月

大根は偉大なり/(身辺雑記)

2019年 01月09日 01:29 (水)

 今年は秋に消費税増税があり、食料品なども軒並み値上げが予定されているとか。

 私のような貧しい庶民にとっては、ますます厳しい一年となりそうだ。

 かと思えば、ツイッターでは現金をばらまく下品な成金が注目を集めているという。

 まるで時代劇に出て来る、廓のお座敷で芸妓や幇間に小判をばらまく、田舎モンの野暮なあきんどのようだ。

 まったく、嫌な時代である・・・。



 増税に物価上昇、先の見えない出版不況の中、今と将来に備えるためには現金を貯めるしかないわけだが、そのためには収入を増やすか、支出を減らすかのいずれかしか方法がない。

 しかし、正月2日から仕事を始め、連日朝から日付が変わるまで働いているにも関わらず、いっこうに生活は楽にならず、原稿料の増収など到底見込めない。

 となると、支出を減らすしかない。

 そこで手っ取り早いのは、食費を削ることである。

 というか、もう食費くらいしか削るところがない・・・(涙)。

 私の場合、取材で出かけていないかぎり、毎日3食、すべて自炊である。

 そしてこの季節は、大根がたいへん旨い時期だ。

 おつけの具にしたり、糠漬けにしたり、大根サラダにしたり、あるいは乱切りにして味噌と酒で煮詰めながら炒めるとちょっとしたつまみにもなる。

 なにより大根は、たいへんに安い。

 大根は、偉大なり!

 一方で、大根を調理すると、どうしても皮が生ごみになってしまうわけだが(葉っぱは菜飯にしたり、おつけの具にしている)、毎日大根ばかり食べていると、それが結構な量になるのである。

 これをなんとか有効利用できないかと思い、知恵者の親しい人に教えを乞うたところ、天日干しにしてきんぴらにすると旨いという。

 そこで早速チャレンジしてみた。



 朝、ダイコンのおつけを作った際、かつら剥きにした大根の皮を、網に入れてベランダに干す。

190108_150244.jpg


 夕方、これを取り入れて、夕食の調理時にざっと刻み、醤油・みりん・砂糖で味付けをして、きんぴらにしてみたところ、オッサンの手料理ゆえ見た目はあまりよくないが、これがなかなかに旨い!!

 そして、これもまた倹約のために今年は平日の晩酌を禁止にしているので、この大根のきんぴらは今晩のおかずの一品となったのだが、酒の肴にもぴったりであろうことは間違いない。

 ぬる燗の本醸造あたりに、よく合うだろうなあと、しみじみ思った次第。

190108_190304.jpg


 ま、このようにして、貧しい庶民は爪の先に灯をともすようにして、生活防衛をしていくしかないわけだ。

 ああ、野田岩の志ら焼で軽く一杯やってから、うな重(桂)が喰いたいねえ。

 いや、天ぷら近藤で、転がしながら30分以上揚げる、名物のさつま芋もいいなあ。

 人形町今半のすき焼きも、寒い時期はオツなもんだぜ。

 ・・・・・・。

 大根、アクバル(偉大なり)!!


 (おしまい)
関連記事
スポンサーサイト