FC2ブログ

03月 « 2020年04月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 05月

7月の水月塾本部稽古~柳生心眼流、柳生志限流、甲陽水月流柔術・鉄扇術・鉄鎖術/(武術・武道)

2018年 07月09日 00:44 (月)

 昨日は水月塾本部での稽古で、埼玉支部からは私とY氏が出席した。

 土曜からはカナダ稽古会代表のC氏も来訪しており、本部の皆さん共々、にぎやかな中での稽古となった。

 私は、まず師にお相手をしていただき柳生心眼流の向振り。そして柳生志限流の素振を、初めてご教授いただいた。

 心眼流以上に当身を次々と繰り出す柳生志限流の素振は、当身拳法が好きな私としては、実に興味深いものであり稽古のしがいを感じる。

 次いで、甲陽水月流の鉄扇術5本をご指南いただく。

 短棒術と比べると、鉄扇ならではの形状を活かした業の数々がユニークで、そしてこれがまた実に痛い(苦笑)。

 個人的に、鉄扇というのは好きな武具のひとつなので、鉄扇術の形もしっかりとモノにしたいものだ。

 午前中の稽古後半、そして午後の稽古では、甲陽水月流の柔術をみっちりと。

 本日は稽古者も多いので、できるだけ相手を変えながら、形稽古を繰り返す。

 そして稽古の〆は、甲陽水月流の鉄鎖術。

 捕手の業としての鉄鎖術について、師より口伝も含めた細かいご指導をいただく。

 こうして充実した稽古三昧の一日が終了。

 稽古後はいつものように、師に同道させていただき、最高の馬モツと馬刺し、そして日本酒をいただき、ほろ酔い気分で武州への帰路についた。

 (了)
関連記事
スポンサーサイト