FC2ブログ

02月 « 2020年03月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 04月

深夜、柳剛流突杖の稽古/(柳剛流)

2018年 06月20日 03:18 (水)

 早めの晩酌で飲み過ぎて、そのまま寝てしまい、目覚めれば深夜1時過ぎ・・・・・・。

 いかんいかん、今日は稽古していないではないかということで、おっとり刀で稽古着に着がえて稽古を始める。

 今晩は柳剛流突杖。

 鏡に写った我に対面しながら、「ハジキ」「ハズシ」「右留」「左留」「抜留」と、5本の形を丁寧に繰り返す。

 柳剛流の突杖(杖術)は、おそらく流祖・岡田惣右衛門が学んだ三和無敵流から来ているのだと思われるが、剣術~居合~長刀(なぎなた)と柳剛流の諸術に共通する術理である「跳び違い」を用いない、いささか異色の「術」だ。

 形はわずか5本。

 「突杖」という名称の通り、全て相手を突いて勝つ。

 このため、別名「突之刀法」(中山柳剛流)とも呼ばれ、あるいは「乳根木」(房州古川伝)とも称する。

1806_柳剛流突杖
▲仙台藩角田伝 柳剛流突杖(杖術) 「ハジキ」(仕杖:吉松章、打太刀:瀬沼健司)


 いずれも非常にシンプルな形=業であり、杖を専科とする流儀を稽古している人からすると、業としてのあまりの簡素さに物足りないとすら感じるかもしれない。

 しかし私の様に、杖や棒を専門としてこなかった者からすると、非常に学びやすく、しかも簡素ゆえに実践的な「術」だなあと感じている。

 また、これは柳剛流の突杖に限ったことではないかもしれないが、杖の業は体術への展開が非常にしやすく、ほぼそのままの体動で、徒手の業となることも非常に興味深い。

 中でも「ハズシ」という形は、ほとんどそのまま柔(やわら)の業となるうるもので、個人的にたいへん気に入っているというのは、以前も何度か本ブログに書いた。



 自宅での突杖の稽古では的への刺突も折々に行い、「実際に相手を突く感覚」を錬るよう心がけている。

 幸い拙宅の稽古場には手裏剣の的が設えてあるので、これが杖の刺突鍛練にちょうど良いのだ。

180620_015842.jpg
▲壁に設えた手裏剣の的(畳2枚重ね+ウレタンマット)で、杖の刺突を鍛錬する。ウレタンマットに記したバッテンは、手裏剣を打つ際の顔面部の目安。突杖では相手の咽喉部(柳剛流殺活術における「玉連の殺」)を突くので、バッテンの直下を形の動きに従って繰り返し刺突鍛練する



 剣術や居合、長刀などは、今の時代に実際にその術を直接用いるようなことはありえない。

 しかし杖や柔といった武芸は、現代でも護身術としての有効性を失っていない。

 つらつら思うに、これは実は近世の社会でも同様ではなかったかと思う。

 江戸の世とはいえ、武士や百姓が日常生活の中で、そうそう簡単に打刀や脇差を抜いて振り回すようなことはなかったわけで、しかし一方で日常的ないざこざや争いごと、暴力沙汰というのは、これまた今の世と同じように、江戸時代の生活でもたびたびあったであろう。

 そういう場合に、「神武不殺」の理に則った杖や柔の術が役立つのは言うまでもない。

 剣術や居合とは異なり、あくまでも相手を殺傷することなく制することのできるこれらの「術」は、捕方はもとより、旅にでも出ない限り脇差を帯さない百姓・町人にとっては非常に有効で有用、そして身近な「業」であったのだろう。

 こうした点で、武士はもとより百姓・町人にも広く稽古された、「農民剣法」たる柳剛流においては、突杖の術はたいへんに大きな意味を持つものだったのではなかろうか。

 ちなみに突杖に関する柳剛流の逸話としては、、幕末から大正にかけて日光御成道に教線を張った柳剛流深井派の3世・深井源次郎は、平素から常に3尺ほどの杖を常に手にして離さず、眠るときも寝具に忍ばせていたという。



 突杖の稽古後、深夜3時。

 そんなことに想いを馳せつつ、キーボードを叩いている次第。

 さて、夜が明けたら本日は、盆栽の体験取材だ(笑)。

 (了) 
関連記事
スポンサーサイト