FC2ブログ

03月 « 2020年04月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 05月

梅雨寒むの中での野天稽古/(身辺雑記)

2018年 06月16日 21:45 (土)

 本日は翠月庵の稽古。

 梅雨寒むのいまにも降り出しそうな曇天ながら、野天道場とはいえ降るまでは稽古をする!



 まずは八戸藩伝神道無念流立居合十二剣。

 荒川沿いの田園に、裂帛の掛け声が響き渡る。

 ひとしきり剣を振るったあと、先日の本部稽古に参加できなかったY氏に対して、柳剛流剣術切紙之巻の伝授式を行う。

 古式に則って切紙之巻を伝授し、Y氏も、また彼の師たる私も、柳剛流を受け継ぎ伝承していくことの責務をあらためて感じた次第である。

 式の後は、水月塾制定日本柔術(甲陽水月流)の稽古。

 野天に茣蓙をしいての稽古にも、ずいぶん慣れてきた。

 激しく叩きつけるような投げ技以外の形であれば、ほとんどの形稽古はこの状態でできるようになった。

 幸い、稽古場の地面は草地で柔らかいので、各種の逆取の形はもちろん、丸く投げるような投げ業による形もまったく問題はない。

 それどころか野天での柔術稽古のおかげで、畳での稽古が実に楽になった今日この頃である。

 本日は、初伝逆取10本と逆投10本を丁寧に復習。さらに中伝逆取の最初までを指導する。

 稽古の〆は、柳剛流剣術。

 「右剣」から「相合刀」までをおさらいしたあと、 「青眼右足刀」の脚斬りと「相合刀」での体術的接触技法について、じっくりと指導を行った。



 それにしても柔術をみっちり稽古すると、家に帰ってからも、やっぱり体に堪える・・・・・・(苦笑)。

 しかたがないので、お神酒の余りで晩酌をしながら、山下達郎が自ら歌う名曲『硝子の少年』で癒される。

 静かな土曜日の夜。


▲梅雨時になるとヘヴィーローテーションで聴きたくなる、山下達郎の名曲。なぜか画像は、『BLACK LAGOON』?


 (おしまい)
関連記事
スポンサーサイト