FC2ブログ

02月 « 2020年03月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 04月

「跳斬之術」を磨く/(柳剛流)

2018年 05月25日 23:04 (金)

 昨晩および今晩の稽古では、「左剣」と「青眼左足刀」における跳斬りについて、体捌きと運刀にわずかながら違和感を感じた。

 この2つの形=業に限らず、跳違いの体捌きと運刀に少しでもズレがあると、形而上的な意味で、柳剛流の「跳斬り」は成立しない。

 この点を修正するために、丁寧に形を繰り返す。


 
 不世出の女武芸者・園部秀雄をして「跳斬之妙術」と言わしめた柳剛流の跳斬りは、相手の脚を斬る「断脚之術」と並ぶ当流儀の真面目であり、初学の者が最初に学ぶ「術」でもある。

 この「跳斬之術」を生涯かけて磨き抜くことは、柳剛流を修行する者に課せられた使命といって過言ではない。

 地を蹴ることなく、太刀の道に従い、自然に跳び違いながら、自在に相手を斬る。

 そこに、

   「必勝を求めずして、自然に勝つべきに於いて勝つ」
   (岡田左馬輔筆「目録之巻」より)



 という、柳剛流の極意があるのだろう。

 修行の行き着く先は、未だ遥か彼方だ・・・・・・。
  
1805_柳剛流_青眼左足刀
▲柳剛流剣術「青眼右足刀」(仕太刀:宇田川浩二、打太刀:瀬沼健司)


 (了)
関連記事
スポンサーサイト