FC2ブログ

02月 « 2020年03月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 04月

残花を賞す/(身辺雑記)

2018年 04月03日 01:01 (火)

 今年度から毎月第一月曜の夜に、県立武道館で空手の月例稽古が行われるというので参加する。

 初回である今回は、師範4名に生徒4名という、なんともゴージャスな組み合わせでの稽古となった。

 私はマスターズ全国大会の組手優勝者であるK先生に、久々にマンツーマンで打ち込みの相手をしていただいた。

 初心に帰って基本のワン・ツーから、相手の前拳を捌いての右逆突き、同じく前拳を捌いての左逆突き、さらに組手時の痛め受けや、ちょっとここでは書けない裏技などをご指導いただく。

 この痛め受けと内緒の裏技、昨日の短棒術の染み入るような痛みとはまた違った、いかにも空手らしい「どつかれて痛い」技であった。

 これを試合組手で使うというのは、なかなかにワイルドだと思う(苦笑)。

 打ち込みの後はミット打ち、そして糸東流のA先生にセイエンチンの形を指導していただく。

 稽古の〆は、セイエンチンにある繰り受けからの猿臂打ちについて、分解を解説していただいた。こうした肘の使い方は、柳生心眼流と共通する点もあり、たいへん興味深いものであった。
 


 帰宅後は名残りの桜と共に、今晩は酒ではなく茶を服す。

 たまには飲まない夜もある。

 それにしても、もう花も終わりだねえ・・・・・・。

1804_桜



花下に酔う
      李商隠

 芳を尋ねて 覚えず 流霞に酔う
 樹に倚り沈眠して 日 已に斜めなり
 客散じ 酒醒む  深夜の後
 更に紅燭を持して残花を賞す



 (おしまい)
関連記事
スポンサーサイト