FC2ブログ

03月 « 2020年04月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 05月

武芸者の一分/(身辺雑記)

2018年 02月23日 12:01 (金)

 過日、国立劇場で近松の『女殺油地獄』を観賞。最高に素晴らしい文楽体験となった。

 ことに「豊島屋油店の段」は圧巻の出来栄えであり、息を飲むとはこのことか! といった、至福のひと時であった。

 詳しくは、また項を改めて書こうと思う。



 25年の取材記者人生で、これまで1対1でインタビューをした人の数は、ざっと1,000人は余裕で超えている。

 これだけの数になると本当にいろんな人がいて、ラーメン屋の頑固おやじから国会議員、大学出たてのシステムエンジニアから離島の医師、幼稚園の熊さん組の幼児から引退した大学病院の名誉教授まで、実にさまざまな年齢・職種・階層にいる人と、初対面の上でアイコンタクト&フェイス・トゥ・フェイスで話しを聞いて、それを文字にして世の中に送り出してきた。

 これだけ雑多な人にインタビューをしていると、当然ながら自分とは考え方が異なる人、相性の悪い人、いけ好かない人もいた。

 しかし、こちらはプロのモノ書きであり、しかも出版社なり制作会社から依頼を受けてインタビューと原稿執筆を行っているのだから、基本的には相手を非難するようなものではなく、良いところ引き出す記事を書いてきたし、そういうスタンスで取材・執筆に臨んできた。

 ところが先日、いままで25年間のライター生活で、唯一、「俺はコイツが嫌いだ・・・」と心の底から思う相手についての仕事の依頼を、受けざるをえないことになってしまった。

 私の場合、普通ならこういう場合は丁重に仕事をお断りするのだけれど(だから儲からない・・・)、今回はどうしても断れない編集者や制作会社への義理としがらみがあったわけで、それがなければどれだけ原稿料を積まれたとしても、絶対に断っていた案件である。

 フリーランスの記者とて、業界の人間関係や義理を無下にしては、生きていけないのだ。

 では、なぜ私がその相手のことが心の底から嫌いなのかというと、拝金主義で権威主義で無礼で他者の傷みの分からないヤツだからである。

 たいがいの場合、どんなに性格の合わない相手でも、あるいは主義主張が異なる相手でも、じっくりと話しを聞けば1つぐらいはリスペクトできる点があるものだが、今回の相手にはそういったものが1つも感じられない。

 故に、いっこうに筆が進まず、難渋をしている。

 心に嘘は、つけないものだ・・・・・・。



 拝金主義の世の中である。

 若い頃は、「金で買えないモノはない」といった言葉に対して非常に強い反発を感じ、「この世には金で買えないモノが必ずあるはずだ!」などと、青臭いことを常々考えていたものだ。

 武術・武道という、おおよそ金儲けとは対極にある技芸に人生を打ち込んできたのも、そういった心持ちの現れのひとつなのかもしれない。

(世のなかには一部、武芸を金儲けの道具にしている者もいるが、思うに、どうせ金儲けをするのなら、もっと費用対効果の高い方法があるだろうにと思う)

 しかし半世紀も生きていると、「世の中のたいがいのモノは、お金で買える」という事実をしみじみと思い知らされるし、認めるか認めないかは別にして、それに気づかないと社会人としてかなり生きづらくなってしまう。

 そうはいっても、やっぱりあからさまに金儲けを称賛しない「廉恥心」は失わずにいたいし、やっぱり心の底では「金で買えないモノもある」と信じたい。

 そういう意味で、たとえば武芸にしても、あるいは冒頭に記した文楽をはじめとした伝統芸能にしても、これらは何千何万何億円を積んだとしても、学ぶ側に熱意があり、努力を積み重ねて弛まず長い年月に渡って稽古をしないと、見事な「業」や「術」、そして「位」を得る事はできない。

 こうした在り様が、伝統芸の素晴らしさのひとつだと私は思う。

 武道の名誉何段だとか古流武術における金許しの免許皆伝だとか、そういったものもあるけれど、実力の伴わない金や地位で得た段位や位階というのは、真面目な修行人たちからは鼻で笑われるだけの「値札」に過ぎず、そのカッコ悪さに気づかないのは当の本人だけなのだ。

 また、技芸の師範という立場で考えると、やはり何千何万何億円を積まれたとしても、「教えたくないヤツには教えない!」という自由がある。

 相手が首相だろうが大企業の社長だろうが、「顔を洗って出直してこい!」とか「おととい来やがれ!」とか「あんたに教える業なんかねえよ!」と言えること、ここに武術・武道人の心の一分、精神の自由があるわけだ。

 ま、首相や大企業の社長が、私の所に武芸を学びたいと願い出てくるかどうかは、定かではないが・・・・・・。

 しかしまあ実際には、「1億円出すから教えてください」と言われたら、たいがいのことは教えてしまうだろうことも、私自身も含めた浮世で生きる人間の悲しい性(さが)である。

 上述した、私が心の底から嫌いな人物が、「いますぐキャッシュで5億円お渡ししますから、柳剛流と手裏剣術を教えてください、お願いします」と三つ指ついて頭を下げてきたら、はたして私はそれを断れるだろうか?

 多分、教えちゃうんだろうな・・・・・・(涙)。

 生きていくというのは、切ないものだネ。


 「けがさじと 思う御法のともすれば 世わたるはしとなるぞ かなしき」
                       (『山上宗二記』より)


 (了)
関連記事
スポンサーサイト