FC2ブログ

02月 « 2020年03月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 04月

或る茶会/(武術・武道)

2018年 02月15日 12:13 (木)

 過日、とある茶会の記事を読んだ。

 その茶会では、衆人環視の中、裸体の女性を器に見立てて菓子を盛り、手前を行ったのだという。

 またこの茶会の亭主は、政府や海外の要人を招いた茶会も催している高名な人物だそうな。

 ま、日本は自由の国であるし、本来茶の湯というものは、もてなしのために「作意」の新しさを工夫するものであるが、これほど侘茶の志からかけ離れた、見世物としての茶事も珍しいのではあるまいか。

 かつて山上宗二は、

我が茶湯をば取り乱し、天下へ出で、坊主顔する者は、梅雪同前なり。



 と、世におもねる茶湯者を厳しく批判した。

 また『南方録』には、

思ひ々々さまざまの事をたくみ出し、古伝にちがいたること、いくらと云数を知らず。十年を過ぎず、茶の本道捨たるべし。すたる時、世間にては却つて茶の湯繁昌と思べきなり。ことごとく俗世の遊事に成りてあさましき成りはて、今見るがごとし。



 とある。

 もっとも、利休や宗二が求めた「修行得度」としての茶の湯など絶えて久しいのであろうし、ならば裸の女性を茶室に入れるといった常軌を逸した茶事を、利休直系の流派の名のある師範が行うというのも、むべなるかなと思う。

 そういえば数年前ある雑誌で、茶室内で半裸の男が打刀を脇に置いて茶を服している写真が掲載されたことがあったが、これなども茶の湯の伝統と精神を根底から冒涜する、あまりにも酷い演出写真であり、その撮影意図に首を傾げたのは私だけではあるまい。



 さて、翻って武術・武道の世界でも、見世物まがいのパフォーマンスで、衆人の耳目を集めようとする人々がいる。

 それはそれ、何をしようが公共の福祉に反しさえしなければ自由であり、私には関わり合いのないことだ。

 しかしグレシャムの法則を持ち出すまでもなく、そういったあさましい行為が日本の武術の伝統だと、世間一般の皆さんに誤って認知されてしまうようであれば、それはまことに困った事であり、斯界の末席を汚す者として憂慮に堪えない。

 「悪貨は良貨を駆逐する」というようなことにならないよう、心から願う次第である。

 (了)
関連記事
スポンサーサイト