FC2ブログ

03月 « 2020年04月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 05月

指南する者の覚悟/(柳剛流)

2018年 01月30日 23:00 (火)

 先日の水月塾本部稽古では師に打太刀を執っていただき、埼玉支部門下一同、一人ひとり丁寧に稽古をつけていただいた。

 水月塾の稽古では、現代武道に見られるような集団指導は一切なく、稽古者が何人いようと、門人に対して師が打太刀や受けを執ってくださり、個別指導での形の修行を通じて古(いにしえ)を稽(かんがえ)る。 

 このため今回の稽古では、自分が直接師より指導をしていただくのはもちろん、当庵門下のY氏やU氏が指導を受けている様子についてもしっかりと見取り稽古をさせていただき、普段の自分の指導の至らなさや業前の不足について、改めて反省することしきりであった。

 それでも稽古後に師より、「埼玉支部は皆、しっかりと柳剛流の稽古をしているようだね」とのお言葉を賜り、支部を預かり柳剛流を指導する者として、なんとか胸を撫でおろすことができた。



 門人を受け入れて武芸を指導する以上、必ず彼らの業前を上達させなければならない。

 これは、指南をする者の責務である。

 しかもその上で、自分自身もひとりの武芸者として、稽古を積み重ねていかなければならない。

 武芸を指南する者は、単に己だけが上達すればよいというものではないのだ。

 その覚悟と責任感が無いのなら、弟子など取らず、ただ己を叩きあげていけばよいのである。

 しかしそれでは、流祖以来脈々と続いてきた流儀の道統を、次代につなげることはできないだろう。

 流祖・岡田惣右衛門が編み出した、柳剛流というかけがえのない古流武術を次の世代に伝えるために、門下の上達を促し、己自身の業前もより見事なものとするよう、さらに精進をしていかなけばならない。

1705_松代演武_柳剛流左剣
▲柳剛流剣術の神髄である、流祖・岡田惣右衛門伝来の「断脚之術」

 (了)
関連記事
スポンサーサイト