FC2ブログ

03月 « 2020年04月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 05月

武道の現実/(武術・武道)

2017年 09月15日 10:00 (金)

 過日、某所の剣道場で柳剛流の稽古をしていると、隣接する柔道場で近隣の中学校柔道部の生徒たちが稽古を始めた。

 見るともなく彼ら中学生たちの稽古を見ていたのだが、おそらくその柔道部の顧問であろう大人の指導者の態度に、暗澹たる気分になった。

 まずこの指導者、ジャージ姿で子どもたちに柔道を指導している。

 百歩譲って、その恰好でアドバイスや助言などをするのならまだいい。

 ところがこの指導者はジャージ姿のまま、柔道着を着た生徒たちと組合い、技を掛け、投げたり抑え込んだりといった実技指導をしているのである。

 またこの人物、非常に口調が汚らしい。

 「おい!」、「お前!」、「はぁ~?」、といった言葉を連呼している。

 ちなみに生徒たちは、「お願いします」、「受け身をはじめます」、「打ち込みをはじめます」など、常に敬語で互いに声を掛け合っている。

 さらに、この男は態度も悪い。

 稽古中は常に正座をしていろとは言わないが、胡坐で座るにしても、上体の姿勢は常に低く前かがみで、下からねめつけるように、苦虫をかみつぶしたような顔で生徒たちの稽古を眺めながら、「おい!」「何やってんだぁ!」などと、怒号を放っているのである。

 ようするに、この指導者は傍から見ていて、実に無礼で感じが悪い。

 そして私は、こういう無礼で感じの悪い奴が大嫌いだ。

 ま、無礼で感じの悪い奴が大好きだと言う人も、あまりいないだろう。


 
 文部科学省は、中学校における武道の必修化において、

 「武道に積極的に取り組むことを通して、武道の伝統的な考え方を理解し、相手を尊重して練習や試合ができるようにすることを重視する運動です」

 と説明している。(http://www.mext.go.jp/a_menu/sports/jyujitsu/1330882.htm
 
 ジャージに半ズボン姿で、場に一礼をするでもなくだるそうに畳に上がり、生徒を「おい!」「お前!」呼ばわりしながら投げ飛ばしたり、抑え込みながら「指導」をするのが、武道のあるいは日本伝講道館柔道の「伝統的な考え方」なのだろうか?

 それともこれは、武道でも柔道でもなく、「ジュードウ」や「Judo」だから良いのだろうか?

 これが、「相手を尊重して練習や試合ができるようにすることを重視する運動」なのだろうか?

 だとすれば、まことに残念である。



 翻って自省する。

 翠月庵は、このような無礼で感じの悪い「場」になっていないか?

 柳剛流は、凛とした品位を保ちつつ、さりながら本質である武技としての「実践性」を失っていないか?

 手裏剣術は、香具師の大道芸や的打ちゲームのような「見世物・遊戯」に堕していないか?

 もって、他山の石としなければならない。

1709_柳剛流長刀
▲柳剛流長刀の奉納演武(打太刀:小佐野淳師 仕太刀:瀬沼健司)

 (了)
関連記事
スポンサーサイト