FC2ブログ

03月 « 2020年04月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 05月

スタンドアローン/(身辺雑記)

2017年 08月15日 13:20 (火)

 お盆の休暇も昨日で終わり。

 出先からの帰路、日付の変わる間際の東海道線の車内はかなり空いていた。

 ちょっと奮発をしてグリーン券を買い、2階席の窓際に座って缶のハイボールをちびりちびりと飲みながら、この夏の私的課題図書(笑)であるスティーブン・キングの『IT』を読む。

 20数年ぶりの再読であり、またキング特有の微に入り細を穿った描写のために、かなり新鮮な感覚で第一巻を読了。

 本の影響か、車窓の街灯りを眺めるともなく眺めていると、少年時代の記憶が断片的に蘇る。



 この数日間、いろいろと出かける用事があり、また少々思うところがあって、ネットはほとんど見ないでいた。

 一方で普段は仕事柄、現場取材をしている時以外は、四六時中、パソコンに向かっている。

 このためちょっとした作業の合間にも、ちょこちょことSNSをのぞいて読み書きをしたり、誰かのツイッターやブログを読んだりしてしまいがちだが、そういうのはどうも、いろんな意味で精神衛生上よろしくないなと思うことが最近少なくない。

 おまけに先日は不覚にも、フェイスブックのアカウントを一時的に乗っ取られてしまった・・・・・・。

 そんなこんなで、これまでもネット上での活動はそれほど積極的に行っていたわけではないけれど、今後はさらに必要最小限にするべきだなと思っている。

 そもそも武術・武道というものは、事理一致、実力本位の世界である。

 あるいは史実の研究は、学問のルールに従って公正に行うべきものだ。

 業には業で、史実には史実で対すればよい。

 シンプルなことだ。



 五十路を目の前に、自分に残された時間はもう限られているのだから、人生はできるだけ簡素な方がいい。

 私は私の志を全うすべく粛々と、柳剛流の稽古・伝承・普及、そして流儀の調査・研究を中心に、各古流武術の錬成そして手裏剣術の練磨に専念をすればよい。

 そんなことを改めて確信した、短い夏季休暇であった。

1705_松代演武_柳剛流左剣
▲柳剛流剣術 「左剣」

 (了)
関連記事
スポンサーサイト