FC2ブログ

03月 « 2020年04月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 05月

雷光石火、明鏡ニ現ル/(柳剛流)

2017年 07月21日 00:56 (金)

 木曜の夜は県立武道館にて稽古。

 先週、平日は連日空手道の暑中稽古、翠月庵では刀法併用手裏剣術と柳剛流の指導、水月塾本部では甲陽水月流の柔術と、柳剛流の稽古があまりできなかったので、本日はみっちりと柳剛流に汗を流す。

 まずはウォーミングアップとして、神道無念流立居合12本と荒木流抜剣7本を抜く。

 次いで柳剛流。

 まずは飛び違いでの素振りをじっくりと繰り返す。床を蹴らず、足で踏み切らず、ただただ太刀の導く道に従って、沈むように、滑るように飛び違いながら木太刀をふる。

 と、言葉にすれば簡単であるが、4尺を超える長く重い木太刀を自在に振りながらの飛び違いは、それほど容易なものではない。

 しばらく素振りを繰り返すと、汗が滝のように流れ、息が切れ、下肢が重くなる。しかし、この基本的な飛び違いの素振りこそが、柳剛流ならではの「跳斬之妙術」の基盤となるだけに、あだやおろそかにはできない。

 素振りで十分に心身を錬った後は、備之伝と備十五ヶ条フセギ秘伝を稽古。

 今回、素振りで疲労困憊していたことから、「中道」と「丸橋」の構えについて、「なるほど、こういう意味もあるか!」、大きな気づきを得ることができた。

 そして剣術の形稽古。

 最初に切紙の「右剣」と「左剣」を丁寧に、何度も繰り返す。特に、先日門下のS氏から質問を受けて指導をした、脚斬りの際の太刀筋や拍子に留意しながら形を打つ。

 次に、伝書において「当流極意」と記されている、「柳剛刀」と総称される目録の6本の形を錬る。

 「飛龍剣」、「晴眼右足頭(刀)」、「晴眼左足頭(刀)」、「無心剣」、「中合剣」、「相合剣」と、いずれも極めてシンプルな実践刀法であり、これらは目録伝書において、

立ツトキハ影アルガゴトク、撃ツトキハ響キアリ、雷光石火、明鏡ニ現ル(流祖伝来、石川家文書より)



 と称されている。

 ことに、「晴眼右足頭(刀)」と「晴眼左足頭(刀)」は、柳剛流剣術の至極といえるような形であり、切紙で学ぶ「右剣」「左剣」の本質以外をすべてそぎ落とした、柳剛流剣術究極の一手といっても過言ではない。

 柳剛流の二大特色である「断脚之法」と「跳斬之術」の極限の姿が、この2つの形に顕されているのである。

 そしてこの2つの形に顕現する当流の極意は、そのまま免許秘伝の長刀の「術」に直結している。

 そこで、ひとしきり剣術を稽古した後は、長刀を執って存分に振るう。

 飛び違いながら長刀を自在に振るう柳剛流長刀の形は、フィジカル的にもかなりハードであるが、やはりここでも、床を蹴らず、足で踏み切らず、長刀が導くままに、体を動かしていかねばならない。

 続いて突杖、そして居合を抜く。

 思う存分柳剛流の稽古をした後は、クーリングダウンとして、柳生心眼流の素振りを。片衣の表、中極、落、切を振って、本日の稽古は終了。

 はじめは小一時間の稽古でと考えていたが、終わってみれば一刻近くの時が過ぎていた(苦笑)。

 自ら望む稽古というのは、本当にあっという間に時が過ぎてしまうものだ。

1707_柳剛流剣術_左剣
▲柳剛流剣術「左剣」

 (了)
関連記事
スポンサーサイト