FC2ブログ

03月 « 2020年04月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 05月

怪談の季節/(身辺雑記)

2017年 06月24日 12:16 (土)

 夏至も過ぎ、本格的な夏ももう目前だ。

 そして夏と言えば、やはり怪談である。

 私は霊魂とか死後の世界とか、そのたぐいのものはこれっぽっちも信じていない、限りなく唯物論者に近い不可知論者なのだけれど、一方で怪談やオカルト映画は大好物である。

 そういう意味では、最近はめっきりオカルト映画に見ごたえのある作品が無くなってしまい、2005年の『エミリー・ローズ』以後、鑑賞するに値する作品がまったく見当たらないのは残念なことだ。

 しかたがないので、史上最恐のオカルト映画である、フリードキンの『エクソシスト3』を、飽きることなく繰り返し見ている今日この頃である。

 『エクソシスト』というと、どうしても1作目が注目されるのだが、ジョージ・C・スコット主演の『エクソシスト3』の方が、断然面白いと思う、個人的には・・・・・・。



 ところで最近は落語ブームだろうで、高座や人気落語家の独演会などにたくさんの若い人が集まっているそうだが、落語でもこの時期に欠かすことのできないのが怪談噺だ。

 落語の神様・三遊亭圓朝の名作、『牡丹燈籠』や『真景累ヶ淵』、『怪談乳房榎』などは、ベテラン噺家が取り組む大長編として、実に聞きごたえのあるものである。

 しかし残念なことに、最近ではこれらの長講に取り組む噺家は少なく、せいぜい『牡丹燈籠』なら「お札はがし」、『真景累ヶ淵』であれば「豊志賀の死」を単発でやる程度だ。

 個人的にも、最近では小朝の独演会で一昨年に「豊志賀の死」と「お札はがし」聴いた程度である。

 なお余談だが、小朝の「お札はがし」は、1998年に練馬文化センターで録音した音源がCDとなっている。

 奇遇なことに、私が独演会で小朝の「お札はがし」を聴いたのも同じ練馬文化センターだったのだが、まことに残念なことに、2015年に生で聴いたものよりも、その17年前の音源のほうがはるかにレベルの高いものであった。

 春風亭小朝ほどの天才でも、「下達」、ありていに言えば芸がへたくそになるというのは、個人的にはかなりの衝撃であった・・・。

 人は上達することもあれば、下達することもある。オレも気を付けよう。



 さて、このように圓朝作の長編怪談は、近年、もはや発端から終焉までを通してやる噺家はほとんどいないのだけれど、唯一、これらの大長編に意欲的に取り組んできたのが、桂歌丸師匠である。

 このため私は、4年ほど前から意識して歌丸師匠の出る高座や独演会に通いつめ、なんとか『真景累ヶ淵』については、発端の「深見新五郎」から、圓朝以来100数十年ぶりの復活となった結末の「お熊の懺悔」まで、全5話を3年がかりで全て独演会で聴くことができた。

 歌丸師匠は、こういってはなんだが、特別噺のうまい落語家ではない。また横浜生まれなので、たとえば志ん朝のような心地よい江戸ことばでの噺というわけでもない。

 しかし、親しみ深い声音と、偏りのない美しい日本語での話芸は、傾聴に値すると思っている。



 こうして『真景累ヶ淵』はすべて聞くことができたので、次は『牡丹燈籠』だなと思っていたところ、昨年あたりからは歌丸師匠の体調不良で、高座や独演会への出演休止が目立ってきた。

 私がチケットを買ったものでも、昨年神奈川での独演会と今年4月の国立演芸場で、いずれも会場に着いたところ、体調不良で代演ということがあった。

 ま、4月の国立演芸場では、代演で鶴光の長講が聴けたのはめっけもんだったけれども。

 最近も、歌丸師匠は入退院を繰り返されていて休演が目立っているし、そうなると逆に人気が集まるようで、昨年くらいからチケットがたいへんとりづらくなっている。

 歌丸ファンとしては、師匠の噺を生で聴こうという人が増えるのはうれしいことだが、チケットがとりにくくなるのは残念であるし、なによりご本人の健康状態が心配である。

 一番最近、歌丸師匠の噺を聴いたのは、去年5月に練馬文化センターで行われた小朝との二人会での「紺屋高尾」だが、なんとかせめてもう1回、いやいや、10回でも20回でも、生で師匠の噺を聴きたいと願っている。

 また個人的には、喬太郎あたりが圓朝作の長編怪談を、じっくりやってくれないかなと思う。

2015_3_8utamaru.jpg

 (おしまい)
関連記事
スポンサーサイト