FC2ブログ

02月 « 2020年03月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 04月

100年後の柳剛流を想う/(柳剛流)

2017年 06月22日 01:07 (木)

 多忙である・・・・・・。

 障害者福祉と小児医療というジャンルの異なる2冊の単行本の原稿を毎日6000文字ほど執筆しつつ、毎月の定期ものである医療系インタビュー記事やルポルタージュ、インバウンド向けの旅行関係の記事なども執筆しているため、ここ1週間ほどは、毎日14時間ほど、机にかじりついている。

 この調子があと半月続くのだが、果たして自分の体力がそこまで持つのか、我ながらはなはだ不安だ。



 そんな毎日ではあるが、なんとか時間を工面し、日々、稽古はできるだけ欠かさぬように心がけている。

 今週は特に柳剛流の長刀について、丁寧に自分の業を見直している。

 構え、拍子、間積りはもとより、各々の形の理合、位、打太刀の動きなどについて、自身の稽古手控えを見返しつつ、あるいは他流の古流長刀の資料なども参考にしながら、短い時間を無駄にしないよう稽古を行う。



 たいへん残念なことに、現在、柳剛流の長刀は国際水月塾武術協会が継承する仙台藩角田伝にしか残されておらず、それを第8代相伝者である小佐野淳先生から学んだ者は、兄弟子たちや私を含めて、わずか4名しかいない。

 このままでは、遠からず失伝してしまうリスクがたいへん高いだけに、翠月庵/国際水月塾武術協会埼玉支部としては、一人でも多くの門下に、免許秘伝の長刀までを含めた仙台藩角田伝柳剛流のすべての業と口伝を、余すところなく継承してもらいたいと強く願っている。

 そのために、まず私自身が柳剛流の業を「見事に活きた術」として習得、練磨し、それを1つずつ丁寧に門下に伝えていかなければならない。

 50年後、100年後にも、仙台藩角田伝柳剛流が誰かに受け継がれているようにするために、今ここで微力を尽くすことは、市井のいち武術・武道人として、まさに男子の本懐だとしみじみ思う。

1706_刀勝
▲柳剛流長刀「刀勝」。打太刀・小佐野淳師、仕太刀・瀬沼健司

 (了)
関連記事
スポンサーサイト