FC2ブログ

02月 « 2020年03月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 04月

二尺八寸八分での柳剛流居合/(柳剛流)

2020年 03月24日 00:36 (火)

 ここしばらく、自宅での柳剛流居合の稽古では、二尺一寸の無銘または二尺二寸の市原長光を遣っていた。

 しかし、いずれも真剣とはいえ短いのでばかり抜いていると、それはそれで腕が鈍るので、昨夜は二尺八寸八分の稽古用居合刀を抜く。

 久々に行う長尺刀での柳剛流居合は、最初のうちこそ少々難儀をしたが、5分も抜き差しをしていると、身体がなじんでいつも通り抜けるようになる。

 拙宅の屋内稽古場(別名・台所)は、稽古できるスペースが1畳ちょっとしかないので、この長尺刀ではこれまで、1本目の「向一文字」と5本目の「切上」しか抜くことができなかった。

 2本目の「右行」や3本目の「左行」、あるいは4本目の「後詰」では、体捌きや鞘引きをすると鞘がそこらへんにぶつかってしまい、スムーズに抜けないのである。

 しかし昨晩は、ふと、

「右行や左行、後詰も、ここで抜けるかもな・・・」

 と感じ、スラスラと抜いてみると、それなりに遣うことができた。

2003_柳剛流_居合
▲柳剛流の聖地・角田の新武館にて、柳剛流居合を遣う



 ひとりの剣術遣いとしての個人的な好みを言えば、私は長い刀はあまり好きではない。

 二尺一~二寸の短めで身幅や重ねの厚い刀が、心身ともに一番しっくりとくる。

 しかし、柳剛流居合の主たる眼目はあくまでも「鍛錬」であるため、稽古ではできるだけ長い刀を使うことが望ましい。

 また、柳剛流の偉大な先達たちが佩用し、あるいは稽古で使ったであろう差料を拝見すると、たとえば仙台藩角田伝柳剛流の佐藤彌一郎先師の佩刀は刃長三尺一寸六分・柄一尺一寸超であった。

 あるいは、江戸で活躍した大師範・岡田十内の差料も三尺八分と、双方ともたいへんに長い刀であることは、意味深長である。

 いずれにしても柳剛流の士たるもの、刀が短かろうが長かろうが、流儀の真面目である「断脚之太刀」と「跳斬之妙術」を存分に遣えるよう、平素から鍛錬を怠らないことが大切だ。

1908_柳剛流_佐藤彌一郎先師居合刀
▲刃長三尺一寸六分に及ぶ、佐藤彌一郎先師の佩刀


 小半刻ほど二尺八寸八分を抜き差しした後、我が愛刀・監獄長光二尺二寸一分で改めて柳剛流居合を抜くと、まるで脇差を振るっているようだ(苦笑)。

 この感覚ひとつとっても、柳剛流居合では平素から長尺刀での鍛錬が重要なのだと、改めて実感した次第。

2003_長光
▲私の愛刀・監獄長光。銘「長光」、2尺2寸1分、反り4分 元幅1寸5厘、先幅7分7厘、元重2分6厘、先重1分8厘。身幅広く、重ね厚く、切先は古風かつ豪壮な猪首風。刃文はのたれに丁字風乱れを加え、沸え崩れや飛び焼きが独特の景色を見せる

 (了)
スポンサーサイト