FC2ブログ

04月 « 2019年05月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 06月

初心に還る/(柳剛流)

2019年 05月29日 11:53 (水)

 夜、柳剛流の稽古。

 備之伝から剣術、そして突杖から長刀(なぎなた)までをおさらいした後、次の週末に新人のA氏へ指導する要点についてつらつらと考える。

 初学者への指導は、忘れてしまった己自身の初心の頃を思い出させる。

 かつて、初めて手にとった刀の、なんと重かったことか・・・・・・。

 素振りひとつ、受け流しひとつにも難儀した、かつての自分自身の姿を糧に、ひとつひとつ丁寧に指導していかねばならぬ。

 まずは備之伝、そして剣術の「右剣」と「左剣」の形がしっかりとできるようになることを目標に、一歩ずつゆっくりと習得してもらえればと思う。

180523_150319.jpg



「大道無門、千差路有り。此の関を透得せば、乾坤に独歩せん」

(大道に入る門は無く、到る所が道なれば、無門の関を透過し、あとは天下の一人旅)『無門関』より



 (了)
スポンサーサイト

師家の無制約/(柳剛流)

2019年 05月28日 11:21 (火)

 日本を代表する剣術流派のひとつである某流のホームページに、その流儀を代表する高名な師範への破門状が公開されていた。

 他流のことであるし、詳しい事情も分からないので私が論評を加える余地はないのだけれど、なんというか宗家(家元)制度の暗黒面を改めて見せられたようで、

 「ああ、あの由緒ある、業前も見事な●流も、結局はこういうことになるか・・・」

 と、いささか暗澹たる心持ちである。

  *  *  *  *  *

 形而上下すべてにおいて、ひとりの宗家(家元)が門人を統制して隷属下に置こうとする、宗家(家元)制度や不完全相伝制の武芸には、常に内紛や権力闘争の火種がくすぶる。

 一方で、免許皆伝を得ればその師範は独立して一門を構え、自律的に門弟を取り立て許状も発行できる完全相伝制の武芸には、そのような「暗さ」がない。

 翻って柳剛流をみれば、流祖以来、完全相伝制を墨守しており、実力さえあれば年齢や修行年限に関わりなく免許皆伝を許し、独立を促してきた。

 このため数多くの「柳剛流●×派」が生まれ、それぞれが業前を競いつつ、流祖伝来の「術」と「法」を広く全国に普及させていったのである。

英名録3
▲万延元(1860)年発行の『武術英名録』には、さまざな師範家の柳剛流の名が記されている



 古流武術研究で知られる埼玉大学の山本邦夫教授は、これについて、

 「柳剛流特有の師家の無制約」

 であると指摘している。

 実際に柳剛流祖・岡田惣右衛門は、晩年に高弟であった仙台藩石川家中の一條左馬輔に岡田姓を譲り、柳剛流の正式な二代目継承者としたものの、それ以前もそれ以後も、いわゆる宗家(家元)制のような強力な流儀の統制は敷かなかった。

 ゆえに、たとえば角田伝と同じ仙台藩領内でも、登米地方では野村大輔~吉田勝之丞~半田卵啼系の登米伝柳剛流が角田伝とは別に興隆し、その道統は平成時代まで続いた。

 あるいは伊勢では、直井勝五郎~橘内蔵介系の紀州藩田丸伝柳剛流が数多くの人に稽古され、現在も松阪市の三村幸夫先生御一門によって、その道統が守られている。

 江戸府内では今井(林)右膳や岡田十内が多いに勢力を張り、上総では古川貢や行川幾太郎が東金周辺に柳剛流を伝えた。

 そして、流祖生誕の地である武州では、松田源吾、岡安英斎、綱島武右衛門、飯箸鷹之輔、深井源次郎などそうそうたる柳剛流師範家たちが、それぞれ数百から数千人単位の門弟数を誇り、流儀の興隆を競いあっていた。

 これらの事実はいずれも、流祖以来の完全相伝制を墨守した柳剛流の先師・先人たちの、清々しい「在りよう」を現しているといえよう。

  *  *  *  *  *

 昔も今も、宗家(家元)制や不完全相伝制による門人への統制の強化や修行階梯の複雑化は、ともすると宗家(家元)なり組織の長なりを頂点とする不健全な権威主義につながり、あるいは宗家(家元)とその周辺の佞臣たちが門人から金品を吸い上げる拝金主義に堕してしまう蓋然性を否定しえない。

 それゆえにか、柳剛流祖・岡田惣右衛門という人は宗家(家元)制や不完全相伝制をとらなかった。

 修行階梯を整理して門人の時間的・経済的な負担を軽減し、実力のある者には年齢や修行年限に関わらずに免許皆伝を与え、宗家(家元)に権威や金品を集中させることなく、各々の師範たちに自律と独立を促したのである。

 こうした事績をみるに流祖という人は、権力欲や名誉欲、金銭欲などといったものに汚されない、度量の大きさと心映えの清らかさを兼ね備えた武人であったのだろう。


 令和の時代となった今、流祖伝来の柳剛流を稽古する我々も、流祖のような度量の大きさと心映えの清らかさを体現できるよう、日々の稽古を通じて業前はもとより、心もしっかりと磨いていきたいものだと、しみじみ思う。

1706_柳剛流「右剣」
▲仙台藩角田伝 柳剛流剣術 「右剣」


 「分けのほる鹿の道は多けれど
           同じ高根の月を詠めん」(柳剛流 武道歌)



 (了)

演武を振り返って/(古流柔術)

2019年 05月25日 23:50 (土)

 本日は午後から、翠月庵での定例稽古。

 稽古場の気温は33度であった。

 つうか、まだ5月だぜ・・・。

  *  *  *  *  *

 今年上半期の対外行事は先週の松代での演武でひと通り終了し、下半期についても演武はあと1回、秋の松代での演武会があるだけである。

 このため気分的には、今年の演武はおおむね終わったかなという感じだ。

 毎回そうなのだが、演武当日まで2~3か月くらい前から心身を調整して臨むので、演武が終わると以後数日間は、バーン・アウトとなってしまう。

 また今回の松代での演武は、個人的には無雙直伝流和(復元)と柳生心眼流兵術がメインという心もち、つまり柔術(やわら)の演武に主眼を置いたものとして取り組んだ。

 このため、手裏剣術や柳剛流を中心としたこれまでの演武に比べると、いささか当日までの調整に苦労した。

 それでも、門人のY氏に無理を言って稽古相手になってもらい、心眼流の素振の組型については、事前に徹底的かつ集中的に稽古したので、私程度のレベルの者としては、それほど恥ずかしくない演武ができたかと思う。

 もちろん己の業前に関して、多くの反省点を感じたことは言うまでもない。

 特に、「気を留める」という点については、いささか大きな課題である。

 どうも私の場合、生来の攻撃的な気質もあってか、「気」が出る方にばかり傾きがちで、留めることに難があるのかなと自省している。

 ま、それもまた、修行ということか・・・。

190525_松代_無双流和
▲北信濃伝無雙直伝流和(やわら) 「無想」


  *  *  *  *  *

 来週の定例稽古からは、門人諸子からの要望が多いことから、柴真揚流柔術の稽古にも力を入れていくつもりだ。

 私自身、柴真揚流はみっちりと、そしてたっぷりと稽古がしたいので、望むところである!

 もちろん柳剛流も、さらに業前を磨いていく所存だ。

 演武で感じた課題を糧に、倦まず弛まず稽古を続けていこう。


「倅の時より柔術(やわら)当身(あてみ)を稽古して、スハといはゞ腕は細くとも、お侍の五人や七人は慮外ながら、ぎやつと言はせてのめらせやう」(近松門左衛門作『大経師昔暦』より)



 (了)

「通し狂言 妹背山婦女庭訓」/(身辺雑記)

2019年 05月21日 22:35 (火)

H30-5danntaiomote.jpg


 数カ月前から楽しみにしていた、『通し狂言 妹背山婦女庭訓』。

 親しい人と連れ立って、第二部を鑑賞に行く。

 今回の席は、2列目ながら一番左端のため、太夫と三味線が座る床から遠く舞台の上手も見渡しにくいなあと思っていたのだが、災い転じて福となす。

 第二部冒頭の三段目「妹山背山の段」、通称「山」では、舞台の上手側にある床に加えて、下手の床にも太夫と三味線が座り、上手の「背山」と下手の「妹山」とで掛け合いながらの浄瑠璃となる。

 このため私たちの席の真横、手を伸ばすと届くところに下手の床があるのだ。

 そして、ここに座って三味線を弾くのは、人間国宝・鶴澤清治!

 いやまったく、距離1メートル足らずの本当に真横で、「闘う三味線」と言われた当代随一の太棹の名手の三味線が、その息遣いや掛け声と共に間近で聴けたのは、一生の思い出になったといって過言ではない。

 さらに、こちら妹山側の太夫は、個人的に応援している豊竹呂勢太夫、そして竹本織太夫。

 舞台に目を移せば、目の前の妹山側で人形を操るのは、人形浄瑠璃文楽のレジェンド・吉田蓑助と人間国宝・吉田和生!

 文楽のオールスターたちが、目の前に勢ぞろいだ。

 いやまったく、生きててよかったよ、ほんとマジで。



 そんなこんなで、興奮のうちに「妹山背山の段」は、あっという間に終了。

 そしてこの後、四段目「杉酒屋の段」からは、桐竹勘十郎が操る悲劇のヒロインお三輪にすっかり魅了された。

 本来、無機物である人形が、勘十郎の手にかかるとまるで生命が吹き込まれたようにしなやかに動き、慟哭する。

 恋に破れ、いじめられ、理不尽に命を奪われるお三輪の切なさに、すれっからしの流れ武芸者の心も震えたぜ。

19-5bunrakuhontirasi-omote.jpg


 ああ、文楽って本当にいいもんですねえ。


 (おしまい)

松代藩文武学校武道会 第26回「春の武術武芸会」/(武術・武道)

2019年 05月19日 11:18 (日)

 昨日は、松代藩文武学校武道会 第26回「春の武術武芸会」に参加。

 午前は象山神社に参拝。午後からは松代藩文武学校武道会の総会に続き、演武会となった。

 私は師に受をとっていただき、まずは北信濃伝無雙直伝流和(復元)から「車附」、「行違」、「無想」、「打込」、「水車」と、5本の柔術の形を披露。

 次いで、松代藩文武学校武道会では初公開となる、柳生心眼流兵術の演武。

 素振二十八ヶ条から表の片衣と袖突、中極の両衣と打込、落の片衣と大搦、切の片衣、以上組形を7本、こちらも師に受をとっていただき披露した。

190518_松代藩文武学校春の武術武芸会_柳生心眼流
▲柳生心眼流 素振二十八ヶ条 組形



 その後、後半では柳剛流の居合を演武。

 今回、礼法に含まれる襷掛けで、結びの輪が大きくなってしまい、少々見苦しかったのはご愛敬である・・・(苦笑)。

190518_松代藩文武学校春の武術武芸会_柳剛流
▲柳剛流居合



 今年は文武学校の建物が保全工事のため、松代町の公民館が会場となったが、基本的には恙なく演武ができたかと思う。

 個人的には自らの業前について、いくつかの反省点や課題を感じた部分があるが、それについてはこれからの稽古で改善するよう、精進していかねばならぬ。

190518_松代藩文武学校春の武術武芸会
▲演武会終了後、来賓の方々や松代藩文武学校武道会の先生方と共に記念撮影



 帰路、松代駅の駅舎(というか、バスターミナル)で、ひとり長野行きのバスを待っていたのだが、なんだかカッコイイ古武道の写真が表紙になっている、パンフレットの掲示を発見!

 これはもしや、仙台藩角田伝柳剛流剣術に伝わる極意柳剛刀の一手である、青眼右足頭ではあるまいか!!

190518_165556.jpg
▲跳び違いながら斬っているのがよくわかる、ナイスショット! である



 なにはともあれ、無事に演武を終えることができた安堵を胸に、長野駅で少し呑みつつ、ほろ酔い気分でのんびりと武州への家路についた次第。

 (了)

「待中懸」の心法にて/(武術・武道)

2019年 05月17日 03:05 (金)

 深夜、半刻ほど稽古。

 演武に備える。

 明日は長野県長野市松代町の松代公民館にて、松代藩文武学校武道会 第26回「春の武術武芸会」に参加する。

 私は師に受をとっていただき、北信濃伝無雙直伝流和の復元形と柳生心眼流の素振二十八ヶ条から組形を7本、そして仙台藩角田伝柳剛流の居合を演武する予定だ。



 松代藩文武学校武道会の春の演武会は、各流派の師範のみが参加を許されるものだ。

 ゆえに、己の技量と品格が「師範」の名にふさわしいものかが問われる、厳しい「場」である。

 それだけに、生ぬるい業前や稽古不足の形などを披露することはできないし、してはならない。

 加えて武芸の指導者としての器量や人格、品位や立ち居振る舞いも問われる「場」として、襟を正して望まねばならぬ。

 その上で私個人としては、常と変わらず「待中懸」の心法を持って、演武の場に臨む所存だ。


190515_柳剛流_居合
▲柳剛流居合 「右行」


「夫剣術は敵を殺伐する事也。其殺伐の念慮を驀直端的に敵心へ透徹するを以て最用とすることぞ」(平山子龍『剣説』より)



 (了)

初学に極意あり/(柳剛流)

2019年 05月09日 16:54 (木)

190505_柳剛流_左剣
▲柳剛流剣術 「左剣」



 柳剛流の修行は「右剣」と「左剣」に始まり、「右剣」と「左剣」に極まる。

 初学者が最初に学ぶこの2つの剣術形=業に込められた「事」と「理」とが、免許秘伝の長刀(なぎなた)にまで通底するのだ。

1805_柳剛流長刀
▲柳剛流長刀 「上段右足」



 柳剛流を学ぶ者は、初学者も上級者も、常にこの2つの「形」が指し示す事理に立ち返り、己の「術」を高めていかなければならない。


 「花紅葉冬のしら雪時しそと
       思えば悔し色にめでりけり」(柳剛流剣術目録巻 武道歌)


 (了)

衣のたてはほころびにけり/(武術・武道)

2019年 05月08日 07:52 (水)

 1986年、晩秋。

1905_剣術_1986


 33年後。

 2019年、初夏。

1905_柳剛流_水月塾演武_右行


  「年を経し糸の乱れの苦しさに
         衣のたてはほころびにけり」(古今著聞集より)



  (了)

野暮と修羅/(身辺雑記)

2019年 05月07日 09:08 (火)

 いまに始まったことではないけれど、ツイッターやフェイスブックなどのSNS、あるいはウィキペディアのノートなどをつらつらとみていると、「修羅の巷だなあ・・・」としみじみ思う。

 社会問題にしても、趣味の世界の話にしても、また武術・武道界隈のことについても、おそらく互いに顔も知らないであろう人たち同士が、いわゆる「クソリプ」というやつを送り合いながら、たたき合い、そしり合い、あるいは承認欲求全開でマンティング合戦を繰り返しているのは、まさに21世紀の地獄絵図だ。

 一方でSNSでは、日常生活では巡り会えないような慧眼の士や、博覧強記な専門家の考えや見立てを見聞することができ、学ぶことも少なくないので、なかなか「もう二度と見ない!」とまでは割り切れない。



 つらつら思うに、ネットの修羅場というのは、結局各人の価値観の押し付け合いであり、自我のマウンティング合戦なのだろう。

 どんなに言葉を飾り立てても、その本質は、

 「もっと僕を見て!」

 「もっと私を大切にして!」

 「もっとオレを尊敬しろ!」

 「もっとアタシをもてはやして!」

 といった、まともな躾と教育を受けた人なら10代後半~20代前半位でしっかりと落とし前をつけているはずの、こっぱずかしい承認欲求や全開の自我である。

 そういうものを、分別盛りの大人がむき出しにしている様子を見るのは、なんとも痛ましい。

 「恥を知ること」

 廉恥心は、いつの時代も不易の美徳だ。



 ありていに言えば、個人の価値観を他人様に押し付けるから争いになる。

 しかもその押し付けの動機が「利得」ならまだしも、その人個人の「正義感」に基づいているから、さらに厄介なのだ。

 「自分の価値観で、他人をはからない」

 というのは、たぶん高校生くらいで感得すべき最低限の社会性だと思うのだが、実際はなかなかそういうわけにはいかない。

 自分自身を振り返っても、

 「なにやってんだ、オレは・・・」

 と思うことはいまだにあるし、たとえば本ブログでも、過去の記事を読み直していて、

 「ああ、恥ずかしい・・・」

 と思い至り、修正したり取り下げることもある。

 いやまったく、お恥ずかしい限りです。



 だからこそ、個人的に心がけているのは、

 「野暮なことはしない」

 ということ。

 あるいは、

 「野暮だねえ・・・」

 と言われないように、身を処したいということだ。

 面識もない相手にいきなりクソリプを送って悦に入るとか、マウンティングやパワハラ・モラハラを繰り返すなどというのは、まさに人として野暮の極みそのものであろう。

 一方で、野暮の対極にあるのが「粋」。

 そして、「粋」は「意気」だ。

 しかし他人様から、

 「あの人は、粋だねえ」

 と言われるほど格好よくは、なかなか生きられないというのも、50年もニンゲンをやっていると、だんだん分かってくる。

 何しろ「粋」というのは、「行き」があっても「帰り」がないので、勇み肌のおあにいさんたちならまだしも、私のような市井の凡人には、そうそう容易に体現できない「道」なのである。

 だからこそ、せめて他人様から、

 「野暮な奴だ」

 などと言われないように、清々しく身を処し、人に優しく自分に厳しく、爽やかでありたいものだと、しみじみ思う。

 そしてまあ、いざという時には、気っ風のいい啖呵のひとつやふたつ、さらっとぶてたら最高だ。

  
「なにをぬかしやがるんだ、この丸太ん棒め! てめえなんざあ、丸太ん棒にちげえねえじゃあねえか。血も涙もねえのっぺらぼうな野郎だから丸太ん棒てんだ。てめえなんざ人間の皮を着た畜生だ。呆助、ちんけいとう、株っかじり、芋っぽりめ! てめえっちに頭をさげるようなおあにいさんと、おあにいさんのできがすこうしばかり違うんだ。分かったかあ、このF*ck!」


 なんてね。

 (了)

令和元年度 諏訪明神社奉納演武会/(柳剛流)

2019年 05月06日 11:19 (月)

 5月5日は、国際水月塾武術協会主催の諏訪明神社奉納演武会であった。

 本殿へ参拝の後、午後1時から始まった演武には水月塾本部をはじめ、関西支部、姫路稽古会、横浜稽古会、そして我々埼玉支部も加わり、それぞれが日頃の鍛錬の成果を神前に奉納した。

 埼玉支部からは私を含めて3名が参加。

 柳剛流兵法から剣術、突杖、居合、そして師に打太刀を執っていただき長刀(なぎなた)を披露した。


190505_柳剛流_青眼左足頭
▲柳剛流剣術 「晴眼左足頭」(仕太刀:吉松章 打太刀:瀬沼健司)


190505_柳剛流_突杖_水月塾演武
▲柳剛流突杖 「ハジキ」(仕杖:長峰浩二 打太刀:吉松章)


190505_柳剛流_居合_水月塾演武
▲柳剛流居合 「向一文字」(瀬沼健司)


190505_柳剛流_長刀2_水月塾演武
▲柳剛流長刀 「右首巻」(打太刀:小佐野淳師 仕太刀:瀬沼健司)



 柳剛流祖・岡田惣右衛門生誕の日の翌日、こうして神前に柳剛流の業を奉納できるのも、何か不思議な縁(えにし)のように感じられる。

 そんな想いを胸に、今後もさらに柳剛流兵法の錬成に努め、このかけがえのない業=身体文化を後世に伝えていかなければならないと、しみじみ実感した次第。


 「打つ人も打たるる人も打太刀も
          心なとめず無念無心そ」(柳剛流免許巻 武道歌)



 (了)

流祖生誕の日に/(柳剛流)

2019年 05月04日 00:00 (土)

 先生は江戸の人(※1)、諱は奇良(よりよし)、総右衛門と称す(※2)。初め伊庭直保に従い(※3)、心形刀流を学び、つとに其奥を窮む。

 而して未だ自ら慊(あきた)らず、遂に海内を経歴してあまねく時の名家に問う。輙(すなわ)ち、往きて其技を較べ、又従いて其理を講究す。

 資性の美、加うるに積累の功を以てして、変動すること神の如く。

 独得の妙、一世勍敵無し。

 顧みておもえらく、諸家の法は観る可しと雖も、要は皆議す可く有り。吾は我を愛するによらざるを得ざる也と。

 因って一家の法を立て、命(なづ)けて柳剛流と曰う。

 蓋し剛柔偏廃する可からざるならん。

 既にして誉望益々震い、四方の士争いて其門に造るは、百川の巨海に帰するが如し。

 而して伊勢三河の両国、即ち先生淹留すること年有り。故を以て門人尤も多し。

 脚を斫(き)る之術、是より先の諸家未だ嘗て講ぜざる所にして、先生意を以て之を剏(はじ)め、特に其妙を極む。

 文政丙戊九月、享年七十(※4)。病にて家に於いて終わる。

 爾後、海内其遺法循習する者、日増月盛。嗚呼、亦偉なるかな。

 (「柳剛流祖岡田先生之碑」(石巻市大門崎)より、一部抜粋)



※1)生地は江戸ではなく、正しくは武蔵国葛飾郡惣新田。
※2「総右衛門」は誤りで、正しくは「惣右衛門」。
※3)伊庭直保の直弟子ではなく、直保の弟子であった大河原右膳に師事をしている。
※4)正しくは、62歳で逝去。

  *  *  *  *  *  *  *

 柳剛流祖・岡田惣右衛門は今から254年前の明和2年3月15日、西暦に置き換えると1765年5月4日、つまり本日、現在の埼玉県幸手市である武蔵国葛飾郡惣新田に生まれた。

 流祖生誕の日に、私は終日、水月塾本部で柳剛流の稽古をし、翌5日は神前にて柳剛流の業を奉納させていただく。

 毎年のことながらこの2日間は、流祖の御霊により強く想いを馳せながら、木太刀を執り、刀を抜き、長刀(なぎなた)を振るおうと思う。

1805_柳剛流_長刀
▲柳剛流長刀 「切上」


 (了) 

立つときは影あるがごとく、撃つときは響きあり/(柳剛流)

2019年 05月01日 00:20 (水)

 平成最後の稽古は、柳剛流に集中。

 まずは居合をじっくりと。

 次いで長刀(なぎなた)、そして突杖をおさらい。

 剣術では週末の演武に向けて打太刀を確認し、さらに仕太刀も振るう。

 稽古の〆は殺活術。

 口伝の法活を確認した後、当身台を相手に「天道」から「虎走」まで、18ヶ所の「殺」に当身を打ち込み、さらに岡安伝の「五ヶ所大當」も確認した。

2017_柳剛流_松代



 稽古を終え、つらつらと駄文を書いているうちに、日付が変わり「令和」の時代が始まった。

 さて、どんな時代になることやら。

 まずはこの世界が、平和であることを祈ろう。



「立つときは影あるがごとく、撃つときは響きあり、雷光石火、明鏡に現る」
                    (『柳剛流剣術目録巻』より)



 (了)