FC2ブログ

06月 « 2020年07月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 08月

人を守ってこそ、自分も守れる~母の死に様から想うこと/(身辺雑記)

2020年 07月11日 11:39 (土)

 残念なことに、本日の稽古は雨のため中止。

 これも、江戸の伝統を今に受け継ぐ、古式ゆかしい野天稽古場の宿命である(苦笑)。

 止むを得ないが、午後は拙宅でひとり居合を抜き、柔(やわら)の形をおさらい。

 その後は、易書の素読にでも励むとしよう。

 まさに晴耕雨読である。



 新型コロナウイルス感染症は、都内の1日の新規感染者数が過去最大となり、陽性率も自粛解除後最高の5.8%。

 当庵のある埼玉県も昨日の新規感染者数は44人、拙宅のあるA市でもまた新規感染者が出て、これまでの陽性患者が20人を超えた。

 にもかかわらず、イベントの人数制限が緩和緩和されて昨日から5,000人規模の開催が可能となり、GoToキャンペーンは前倒しで実施するのだとか・・・。

 この国は、狂ってますね。



 私はわりあい最近、ふた親を共に肺炎で亡くした。

 特に母については、終末期に2週間ほどベッドサイドでつきっきりで看取りをしたので、肺炎による死が、どれほど苦痛に満ちた死に方であるのかを目の当たりにした。

 臨床の医師へのアンケートで、最も苦しい死に方は何かと問うと、肺炎による死がトップに挙げられることが多い。

 コロナ以前に、高齢者の死因の多くが肺炎であることから、皆さんなにかイメージ的に安易に感じているのかもしれないが、肺炎による死は、本人にとっても、看取る者にとっても、たいへんにつらい体験になる。

 それを知ってか知らずか、肺炎を伝播させる未知のウイルス感染症であるCOVID(コビット)-19に対して、安直な考えを持っている人が少なくないのではなかろうか?

 たしかに若い人は無症状、あるいはごく軽症で済むことが多いようだが、それをいいことに彼らがウイルスを社会に広く伝播させることで、多くの病弱な高齢者や既往症を持つ人が命の危険、それも肺炎死という最も苦痛にみちた死のリスクにさらされることに、私は個人的に、非常に強い憤りを感じる。

 自分たちは若く体力もあり、万が一罹っても軽症あるいは無症状で済む。

 だから無自覚に外出して遊びほうけ、市中を歩き回ってウイルスをまき散らし、それが元でどこかの誰か(その多くは老人や病者など、社会的な弱者だ)が感染して重症化し、その結果何人かが肺炎で死んでも、

「自分たちの知ったことではない」

「インフルエンザでの死者と、たいして変わらないでしょう」

 などとうそぶくのは、あまりに命に対して無自覚すぎる。

 少なくとも、武術の鍛錬を通じて命のやり取りという命題を扱う武人であるならば、こんな軽薄な意識では、もう落第だ。

 マスクや手指の消毒、ソーシャルディスタンスを維持すること、不要不急の外出を自粛し、三つの密を避けるのは、自分が感染しないこと以上に、

「他者に感染させないこと」

 で、どこかの誰かの

「命を守る」

 ことなのだ。

 このことを自覚していない若い人が少なくないように感じられるのは、とても残念に思う。



 金儲けがすべてに優先する「新自由主義」の世の中らしく、経済優先で感染症対策をないがしろにしている昨今の国や都道府県の対応、また感染予防に無自覚な人々の身勝手で非科学的・反医学的な論調を聞くたびに、私は肺炎で苦しみながら死んでいった母の面影とともに、次の言葉を思い出す。


「人を守ってこそ、自分も守れる。己のことばかり考えるやつは、己をも滅ぼすやつだ!」(島田勘兵衛) 


200711_島田勘兵衛
▲映画『七人の侍』より


 (了)

梅雨小袖「今」八丈/(身辺雑記)

2020年 06月19日 11:53 (金)

 本日は朝から雨。

 しとしとと梅雨らしい、しかし意外に湿度が低いので、なんとも心地よい翠雨である。

 こういう雨が、私はとても好きだ。

 おまけに、明日土曜は朝から晴れるということで、最高である(笑)。

 いよいよ明日、3カ月半ぶりに、翠月庵の定例稽古再開だ。

 自分自身の武道修行については、この3カ月半の間も特段平素と変わらないものであったが、2007年9月の結庵以来、12年間に渡ってこれほど長く定例稽古を休んだのは、もちろん初めてである。

 それだけに、ある程度稽古のやり方に制限はあるものの、再開できるというのはうれしさもひとしおだ。

 普通に稽古ができる喜び、それを早く実感したいものである。



 6月4日から、ツイッターでも積極的に情報を発信している。

 毎日、柳剛流に関して1回、柴真揚流をはじめとした柔術に関して1回、その他武術・武道に関して思う事を1回、合計3回書き込むことを自分のノルマにしている。

 また、テキストだけでは味気ないと思い、原則的につぶやきにはできるだけ画像を添えるよう心がけている。

 と、積極的な情報発信を始めて、まだ2週間ほどなのだが、これがまた結構キツイですな・・・(苦笑)。

 文章を140文字で完結させるとなると、どうしても細かい修辞を省略しなければならず、こちらの意図が言葉足らずで伝わりにくくなりがちだ。

 また、基本的にツイッターでの情報発信は、武術・武道関係者向けというよりも、一般の人に向けて広く、柳剛流や柴真揚流などの古流の武術の存在を知っていただきたいというのが目的なので、できるだけ平易な、誰でも分かる言葉で伝えるように心がけている。

 この点、本ブログはそういった縛りなどなく、思うまま、感じるままに、だらだらと、楽屋落ちも含めて過剰な説明なく書けるので、なんともらくちんなものだとしみじみ思う。

 一方で、本ブログは無用なアラシを避けるために、ブログの開設当初からコメント欄を閉じているのだが、ツイッターはそうはいかないので、いわゆる「クソリプ」とか、アラシみたいなのがくるのかなあと、ある程度覚悟はしているのだけれど、今のところそういったものは無い。

 ま、アラシやクソリプが来るほど、読まれていないということか(苦笑)。

 逆に、ツイートにイイネやリツイートをしてもらえると、

「ああ、好意的に読んでいただけたのだなあ」

 と、今年で51になろうという、酸いも甘いもなめつくし、ひねくれて枯れたオッサン(ワタクシのことデス・・・)でも、素直にうれしいものですな。

 

 10万円の定額給付金とアベノマスクは届いたが、持続化給付金はいまだ入金されず。

 今日の未明、「不備があるか特例なので、まだ入金できない。詳細は追って連絡する」という自動送信のテンプレが送られてきて、がっかりである。

 不備があるならあるで、具体的に指摘してもらえればすぐに修正して再申請するから、教えてくれよと思うのだが、システム上、先方からの連絡待ちで、こちらからの問い合わせはできない。

 本当に給付されんのかね?

 ま、あと2~3か月は貯金を切り崩しながらなんとかなるけども、飲食や小売の事業者はバタバタと倒産・廃業しており、私のようなフリーランスも、コロナ不況による経営状態の悪化は、被害激甚である。

 幸い今月から、単行本の仕事がいくつか新規で動き始めたからよいけれど、4~6月の売り上げは、ライター歴25年で最低最悪。

 貯金がなければ、とっくに廃業という状況だ。

 その一方で、電通は事業を右から左へ横流しにして20億だか30億だかさしくっているというのだから、そりゃあ草場の陰で、井上伝蔵や日昭和尚、野村秋介さんたちが、歯噛みして怒っておられるだろうよ。

 ま、「貧乏人は、死ねばよい」というのは、明治このかた、この国の政府・為政者たちの変わらぬ政治姿勢ということか。

 

 昨日、再開した地元の図書館へ渡辺京二さんの『幻影の明治』と、『「弾」~鶴澤清治の世界~』 のCDを返却しにいったところ、蔵書整理のために除籍する本の無料供与が行われていた。

 どれどれとのぞいてみると、定価1万5000円もする『新・宮沢賢治語彙辞典』があった。

 1,000ページを超える大著で、しかも汚れも破損もなく、非常にきれいで新品同様である。

 あまりに状態が良いので、「これ本当に無料でもらっていいのですか?」と訊ねると、良いとのこと。

 喜び勇んでもらって帰り、晩酌しながらつらつらと読む。

 ま、たまにはこんな、ラッキーなこともあるってことか。

 それにつけても、持続化給付金、いつ入んだよ・・・・・・(怒)。

 南無八幡大菩薩。

200619_宮沢賢治


 (了)

居合と日本刀/(身辺雑記)

2020年 06月16日 18:11 (火)

issue_55_1.jpg

 
 6月30日(火曜)発売の週刊日本刀第55号にて、「瞬時に抜刀し、敵を制する 居合と日本刀」という記事を執筆しました。

 武術関連の記事は、もろもろものしがらみや各派各流ごとの「定説」や「諸説」が入り混じるので、なかなか書きにくいのですが・・・(苦笑)。

 今回はあくまでも「ビギナーの刀剣ファン向け」ということで、分かりやすく書くよう努めました。
 
 よろしければぜひ、ご笑覧ください。

 (おしまい)

コロナ対策と手水の行き帰り/(身辺雑記)

2020年 06月05日 14:16 (金)

 昨日4日、埼玉県は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う休業要請を巡り、スポーツジムやカラオケ店など一部の業種で継続していた要請を同日付で解除した。

 業界や店舗ごとに徹底した感染防止対策を講じることを前提に、休業要請の対象から外すとのこと。

 スポーツジムの営業が解禁になるということで、またひとつ、翠月庵の定例稽古再開への環境が整ったといえるだろう。

 しかし、接待を伴う飲食業やライブハウスは引き続き休業要請を継続するとのことなので、やはり剣術の組太刀や柔術の相対稽古などは、今しばらく実施することを避けた方が良いようだ。

 先に示した翠月庵の稽古再開要項は、6月1日から稽古を再開した講道館の基準を参考にしたものだが、剣術や柔術の相対稽古についても講道館の動向や指針を参考に、稽古開始の時期を見極めていきたいと考えている。

 それまでは定例稽古では、居合や立居合などをじっくりと錬り、指導していこうと思う。

 

 一方で日々の稽古は、コロナ禍の前も後も、なにも変わらず。

 形のおさらいと当身台への打ち込み稽古を、粛々と続けるのみだ。

 仕事場から手洗いに向かう際には、途中にある当身台へ、「両非」の当身を必ず一度ずつ打ち込む。

 行きは右の手刀と蹴足、帰りは左の手刀と蹴足で打ち込むとちょうどよい。

 「両非」の蹴足は上足底で当てるのだが、間合と拍子によっては膝蹴りでもよいのだろうと個人的には思う。

 また当てた後は、相手は前のめりに屈むので、そのままうつ伏せに固める・あるいは締めるか、逆に当身の後にそのまま大外落としで刈り倒すのもありかな・・・。

 ・・・などと考えながらデスクに戻り、持続化給付金の申請書類作りに取り掛かる、蒸し暑い梅雨入り前の午後2時。

190302_両非

 (了)

真・流れ武芸者のつぶやき/(身辺雑記)

2020年 06月04日 19:10 (木)

 ツイッターについては、これまではもっぱらロム専門で、ほとんど活用してこなかった。

 しかし、ここ3か月ほど、コロナ対策による自粛で、これまで以上にツイッターをみる(読む)機会が増え、なんとなく自分なりに情報を発信してもいいのかなあ・・・という気になってきた。

 とはいえ、翠月庵の公式ツイッターを立ち上げるとかいう大仰なものではなく、これまでのロム専用アカウントで、柳剛流などの情報発信や、武術やその他のよしなしごとについて自分なりに感じたことをつぶやいたり、リツイートしたりしていこうかと思う。

 ということで、そこでつぶやくのは、それをわざわざプロフィールに書くのも野暮なので明記してはいないけれども、

「あくまでも個人のツイートであり、所属する団体等の公式見解ではありません」

 というやつである。

 あくまでもこれは「試験的な試み」なので、場合によってはまたすぐに、ロム専門にするかもしれない。

 匿名のSNSは、荒れたり変な人に絡まれたり、いろいろめんどうくさいんだよねえ(苦笑)。

 そういえばミクシイでは、いろいろたいへんだったなあ・・・。



 まずは、向こう3か月くらい情報を発信しつつ、様子を見ようかと思う。

 面倒なことがあるようなら、またロム専門に戻るか、鍵をかけるか、最悪アカウント削除しちゃえばいいか。

 また、今回はあくまでも「試験的な取り組み」なので、本ブログや翠月庵のホームページと、ツイッターアカウントは、しばらくの間はリンク等での直接的な紐づけは、しないでおこうかと思う。

 そんなわけでご関心のある方は、あちら界隈でも、庵主を探してみてやってください。

 ま、すぐに見つかると思いますが・・・(笑)。

 南無八幡大菩薩。

足跡

 (了)