FC2ブログ

05月 « 2019年06月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 07月

柴真揚流の蹴込み/(古流柔術)

2019年 06月15日 03:53 (土)

 本日締め切りの、とある社会福祉法人に関するルポルタージュ記事、4,500文字を脱稿。

 心身ともにヘトヘトだが、それでもいそいそと稽古着に着替え、今晩も稽古。

 柳剛流の備之伝と備十五ヶ条フセギ秘伝から始め、剣術をひと通りおさらい。

 次いで、柴真揚流。

 「左巴」から「二人捕」まで居捕17本、そして立合は「馬手捕」から「両手捕」までを繰り返す。

190607_011510.jpg
▲柴真揚流の稽古に欠かせない道具のひとつである茶碗。何に使うのかは、実伝で学ぶべし



 その後はひとしきり、形の動作に則って当身台に拳足を打ち込む。

 柴真揚流では、蹴込みを多用する。

 その際、特に蹴足に習熟していない初学者は、中足(足の指の付け根部分)をしっかりと返し、上足底を正しく相手に当てることを学ばねばならない。

 これは柔術(やわら)に限ったことではなく、空手道の稽古でもそうだが、初学者はもとよりそこそこ稽古に習熟してきた中級者でも、中足を返した状態でしっかりと上足底を当てられない者がいる。

 中足をしっかり返せずに、中途半端な踵蹴り、あるいは崩れたつま先蹴りのようになってしまう者が少なくないのである。

 靴を履かない状態が前提である、日本の伝統武道における蹴当てでは、中足を返した正しい当て方を習得しなければならない。

 そのために特に初学の者は、形を行ずるだけではなく当身台などに対し、上足底で的の「身の内1~2寸」を目当てに、しっかりと中足を返して当てることを学ぶ必要がある。

190615_022215.jpg
▲柴真揚流で多用される、下段への蹴込み。指をしっかりと反らして上足底部分を確実に、相手の「身の内1~2寸」を目あてに当てることが重要だ



 また、当身台などに実際に当てることに習熟したら、形稽古においても「受」に対して、実際に拳足を当てながら形を打つべきであろう。

 もちろん、当て放しの当身にせよ、電撃的な引き重視の当てにせよ、全力で当身を入れながら稽古をしていたら、当てられる側である「受」の体が持たないことはいうまでもない。

 そのたびに悶絶してしまう。

 そこで私の場合、柔術の指導で「受」を執る際には、当てる部位や当身の種類にもよるが、必要に応じて1~3割くらいの力の感覚で当てるように「捕」に促し、実際に「人体へ当てる感覚」を覚えてもらうよう心がけている。

 おかげで時折、弟子の当身が効きすぎて、自分が本当に悶絶してしまうという、なんともこっぱずかしいこともあるわけだが・・・・(苦笑)。

 ま、それもまた己の鍛錬であり、「やわらの当身は、よく効くなあ・・・」と、しみじみ実感するのである。



 なお蛇足ながら、眼球をはじめとした顔面部や金的など危険な部位への当身は、形稽古では必ず寸止めにするのは言うまでもない。

 これらの部位に対する当て具合は、当身台等への加撃で習熟するべきである。

 また、まだ体のできてない初学者や下位者に対して、指導者や上位者の側が実際に当身を当てるなどというのは言語道断である。

 弟子や下位者に正しい鍛錬の段階を踏まさせず、稽古や指導の名のもとに不条理な苦痛を強制するのは、武芸の稽古や指導ではなく、サディスティックな「暴力」にすぎない。

 当身の鍛錬や指導に限らず、武術・武道を教える立場にある者は、常にこうした点に留意するべきであろう。

 (了)
スポンサーサイト

柴真揚流の稽古‐居捕から素抜まで/(古流柔術)

2019年 06月08日 00:46 (土)

 今夜も柴真揚流の稽古。

 居捕では「真之位」と「袖車」、「御使者捕」を重点的に繰り返す。

 次いで立合は、「馬手捕」から「両手捕」までを復習。

 そして、当身台への実打の稽古。

 水月や電光、雁下や後電光など、「殺」の位置を十分に意識しながら、拳足を当身台に打ち込む。

 しかし頭突は、あまりやりすぎるとクラクラしていかんね(苦笑)。

 その後、棒の型と剣術の形、そして素抜(小太刀居合)で今晩の稽古は終了。

 夜が明けて、本日午後からの翠月庵の定例稽古でも、みっちりと柴真揚流を稽古する予定だ。

1906_柴真揚流_棒の型
▲柴真揚流柔術 棒の型


 (了)

やわら三昧/(古流柔術)

2019年 06月03日 11:00 (月)

 先日の定例稽古。

 当初は柳剛流を中心にする予定であったのだが、出席者の変動の関係で、柔術(やわら)の稽古が中心となった。

 まずは、ウォ―ミングアップ代わりに手裏剣から。

 私は初心に還って、3間間合での順体と逆体の打剣に集中する。

 それにしても、最近手裏剣の稽古はサボりがちだったので、的中が安定しない・・・。

 精進すべし!



 1時間ほど打剣に集中した後は、柳生心眼流の稽古。

 向い振りで体をほぐした後、捕と受を交代しながら「切」の組形を丁寧に繰り返す。

 無声の気合いをもって体内で気を燃焼させ、爆発する気を一気に相手にぶつける「切」の素振は、難易度が高く心身にかかる負荷も高い。

 また、この日は気温こそ27度ほどであったが湿度が高く、あまり風も吹いていないことから、若干熱中症気味なのだろうか、倦怠感も強かった。

 それでも組形の「返し」で後方転回を繰り返していると、心身を集中させるためか、意識がピリッとして心地よい。

 師の教えによれば、心眼流の「返し」は身体技法的な面に加え、転回することで「気」を巡らして心身を調整する「養生」的な面もあるのだという。

 たしかに「返し」の受をとっていると、なんとなく心身が爽快になるから不思議だ。

1902_柳生心眼流_3
▲柳生心眼流の素振の組形では、受は自ら後方に回転して逃れる



 「切」の組形の後は、「取放」の稽古。

 「取放」は、その後に学ぶ「取返」につながる重要な稽古だ。

 片衣から大搦まで、何度も何度も繰り返すのだが、これは捕より受の方がフィジカル的にキツイ。

 何しろ業をかけられるたびに、受はたいへんに負荷の高いプッシュアップ(腕立て伏せ)を繰り返すのである・・・(苦笑)。

 しかし受も捕も、次に学ぶ「取返」の形を確実にとれるようになるためには、この「取放」にしっかりと習熟しなければならぬ。



 1時間半ほどで柳生心眼流を終え、続いて柴真揚流の稽古。

 居捕の1本目「左巴」、2本目「右巴」を丁寧に繰り返す。

 古流の武芸では多くの場合、最初に学ぶ形=業が、初学の門であり極意でもあるという。

 柴真揚流の「左巴」「右巴」も、「これぞまさに、柴真揚流!」という趣たっぷりの形だ。

 ありていに言えば、「とにかく蹴殺し、当て殺す」、というものである。

 かつて、神道自然流空手術の創始者である小西康裕先生も柴真揚流を学び、その影響を受けたというが、さもありなんと思う。

 受身と捕手を交代しながら形を繰り返し打った後は、当身台へ実際に当身を打ち込ませる。

 当身に習熟していない者については、特に蹴足の際、十分に上足底を対象に当てることができず、多くの場合、足底をかすり上げるような当てになってしまう傾向がある。

 このため、当身台なりサンドバックなりを使い(もちろん人体でも構わない)、実際に拳足を当てる稽古をさせることが重要だ。

 また、「当てるよりも早く引く」というやわら特有の電撃的な当身の感覚を身につけるためにも、こうした実打の稽古は欠かすことができない。

 当身台にしっかりと上足底を蹴り込み、しかも当て放しではなく当てるよりも早く引く。

 その上で、

 「的は身の内一・二寸」

 という感覚を、体で会得しなければならない。



 そこうするうちに、定例稽古の時間は終了。

 柳剛流のおさらいもやりたかったのだが、やむをえまい。

 次週、たっぷり稽古するとしよう。

 (了)

活殺自在/(古流柔術)

2019年 06月01日 22:33 (土)

 8年前ほど前から、コツコツと東洋医学について勉強をしている。

 漢方治療については、親しい医療関係者に教えを受けたりしながら、素人なりにいろいろと知見も積み重なってきた。

 食養生(薬膳)については、基本的に3食自炊なので、その時の体調に合った食材をできるだけ取り入れるようにしている。

 というか、まあ、旬の食材を肴にしているだけのことだ(爆)。

 今時分は、蚕豆とホタルイカが旨いねえ。



 そして去年からは、灸の勉強に重点的に取り組んでいる。

 もともと、稽古などで体を痛めた際、かかりつけの接骨院で鍼や灸をしてもらい、特に灸がよく効いた。

 そこで灸についても、ちょっとした痛みや不調くらいなら、ある程度のセルフケアはできるかなと思ったのである。

 とはいえ、所詮は素人療治ゆえ、直接灸をやるテクニックとガッツはまだないので(焼き切るとアザになるしね・・・)、もっぱらお手軽な間接灸(台座灸)を愛用している。

 私の場合、長患いの右手の手根幹症候群やら、手裏剣の打ちすぎで痛めてしまった右肘の上腕骨外側上顆炎(いわゆるテニス肘)、右の股関節や右膝の脱臼、左右のアキレス腱断裂など、身体に抱えている爆弾が結構ある。

 このため、軽い痛みやしびれがを感じた段階で、早めに灸でリカバリーをするわけだ。

 また、若いころはベッドに横になるとすぐに眠れたのだが、最近は寝つきが悪く、あるいは夜中に目覚めたり眠りが浅くなってしまったのだが(加齢ですな・・・)、この手の症状にも灸はよく効く。

 寝る前に、足の甲の親指と人さし指の骨が交わるところから、やや指先よりのへこみにある「太衝」や、手首の曲がりジワを小指側へなでてゆき、骨の出っぱりの手前で指が止まるところの「神門」に灸をすえると、スーっと眠れるから不思議だ。

 ま、多分にプラセボも入っているのだろうけれども、効果があればプラセボでもいいんだよ、セルフケアなんだから(苦笑)。



 ちなみに、上記の快眠によく効く「太衝」というツボは、楊心流系の柔術(やわら)の殺でいうと「高利足」である。

 大搦や後捕などの際によく足で踏み当てる穴所であり、たとえば柴真揚流でもこの殺を用いる。

 このように、鍼灸で用いるツボ(経穴)と柔術の殺は、いずれも同じ東洋医学の経絡理論に基づいていることから、当然ながら重複してるのだが、一方で名称は系統や流儀によって異なっている。

 たとえば、柳剛流殺活術の「雁下」(楊心流系の「雁下」とは異なる)は、鍼灸の経穴では「臂臑」にあたり手根幹症候群や肩の痛みなどに効果がある。

 あるいは、やはり柳剛流殺活術の「水月」は鍼灸の「巨闕」、「心中」は「中脘」、「明星」は「関元」などとなる。

 このように同じ経穴でも、拳足で電撃的に当身を加えれば「殺」となり、温熱や刺激を適度に加えればケガや病いを癒す「活」となる。

 まさに活殺自在とは、言ったものだ。

 東洋医学の奥は深い。

190601_110607.jpg
▲柔術の殺活を学ぶなら、必ず精読しておきたい基本資料である井ノ口松之助の『柔術整理書』。今は、復刻版が安価で手に入るのがありがたい


 (了)

演武を振り返って/(古流柔術)

2019年 05月25日 23:50 (土)

 本日は午後から、翠月庵での定例稽古。

 稽古場の気温は33度であった。

 つうか、まだ5月だぜ・・・。

  *  *  *  *  *

 今年上半期の対外行事は先週の松代での演武でひと通り終了し、下半期についても演武はあと1回、秋の松代での演武会があるだけである。

 このため気分的には、今年の演武はおおむね終わったかなという感じだ。

 毎回そうなのだが、演武当日まで2~3か月くらい前から心身を調整して臨むので、演武が終わると以後数日間は、バーン・アウトとなってしまう。

 また今回の松代での演武は、個人的には無雙直伝流和(復元)と柳生心眼流兵術がメインという心もち、つまり柔術(やわら)の演武に主眼を置いたものとして取り組んだ。

 このため、手裏剣術や柳剛流を中心としたこれまでの演武に比べると、いささか当日までの調整に苦労した。

 それでも、門人のY氏に無理を言って稽古相手になってもらい、心眼流の素振の組型については、事前に徹底的かつ集中的に稽古したので、私程度のレベルの者としては、それほど恥ずかしくない演武ができたかと思う。

 もちろん己の業前に関して、多くの反省点を感じたことは言うまでもない。

 特に、「気を留める」という点については、いささか大きな課題である。

 どうも私の場合、生来の攻撃的な気質もあってか、「気」が出る方にばかり傾きがちで、留めることに難があるのかなと自省している。

 ま、それもまた、修行ということか・・・。

190525_松代_無双流和
▲北信濃伝無雙直伝流和(やわら) 「無想」


  *  *  *  *  *

 来週の定例稽古からは、門人諸子からの要望が多いことから、柴真揚流柔術の稽古にも力を入れていくつもりだ。

 私自身、柴真揚流はみっちりと、そしてたっぷりと稽古がしたいので、望むところである!

 もちろん柳剛流も、さらに業前を磨いていく所存だ。

 演武で感じた課題を糧に、倦まず弛まず稽古を続けていこう。


「倅の時より柔術(やわら)当身(あてみ)を稽古して、スハといはゞ腕は細くとも、お侍の五人や七人は慮外ながら、ぎやつと言はせてのめらせやう」(近松門左衛門作『大経師昔暦』より)



 (了)